食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

自由な空間で 美味しい酒を

都会の喧騒からちょっと入った片隅、静かで心地よいスペースが広がる。楽しみ方は自由、友と酒を傾け、美味しく酔うのも楽しい。会合の後、仲間で寄り添い、グラスを合わせるのは珠玉の時間。そんなひとときを、満喫させる店がここバー『Dream Home』。

店長のセンスで時間と会話を満喫

『バー』だけに、酒はいろいろ、飲み放題もうれしい。鈴木店長は、隣県―山形県南陽市の出身の31歳。まだ若いが、現場で実践を多く経験する。仙台の結婚式場で楽しい時間の過ごし方を学び、弁当店を開業、美味しく食べ、飲み、時を過ごすことの大切さを知る。
 カジュアルに飲み、食す。これをコンセプトに45坪、65席の店舗を計画、三沢にあるモデル店を考慮して、共同オーナーの提案で、新たなタイプのスペースを開いた。

DSCN1020
DSCN0998
(右)鈴木店長

 

リラックスに食を楽しむ

ぜひ、食べてもらいたいのが卵サンド。東京や京都には、美味しい店があるという。ここが、新たな仙台の卵サンド発信地なるか。その他、餃子ピザ、生ハムのサラダ、香り野菜のアヒージョ、出し巻き卵などさり気ない料理にも気配りが感じられる。気楽に会話を楽しみ、酒を酌み交わし、チョコレートを摘まもう。

DSCN1038
DSCN1023
DSCN1039
DSCN1041

 

壁に楽しさ新たな時代を予言

DSCN1042

店内はいたってシンプル。無駄な装飾を排して、居心地の良さが際立っている。適度な広がりが、リラックスな雰囲気を生む余裕を醸し出す。そこに、新しい時代を感じさせるマッピング、4台のプロジェクターが楽しさを倍増させる。『夢の壁』も、拓かれた街へのメッセージといえよう。
 
今回取材したお店「Dream Home」
住所:一番町1丁目8-32 T&Rビル2F
電話:022-302-5736/0120-900-322

2018年05月30日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.