食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

復興3年、宮城のイチゴ新たなるスタート

s250ichigo_20140115-5

 被災から2年10ヶ月、壊滅した宮城県南部―亘理・山元町の仙台イチゴが復興した。平成25年9月、亘理町吉田、逢坂などに震災復興予算180億円余りを投入、最新の技術を導入して150棟の新たなるイチゴハウスが建設された。そこでイチゴ生産者180人が23,000畝の高床式育成施設を造り上げ、いよいよ12月のクリスマス向けに、宮城県南部の農業復興を賭けて、再開のスタートを切りました。

 

s250ichigo_20140115-4

 同時に、亘理町吉田に敷地面積18,000平方メートルのイチゴ出荷場を立ち上げ、摘み取り、箱詰めされたイチゴを集荷、梱包して、北海道や仙台、東京の市場などに出荷しました。まだ、東日本大震災前に比較すると5割程度、1日24,000梱と少なめですが、久々に出荷を行う生産者はうれしそう、佐藤道夫さん(仮名)は「東日本大震災で自宅もハウスも流され、命だけが助かった。被災直後は再びイチゴの生産が行えるとは思わなかったが、これが生きるすべて。行政や農協、イチゴ業界関係者、ボランテアなど多くの支援、協力を頂いて差し当たって、再スタートを切ることが出来ました。新しい技術の導入や、コストアップ、新販売先の開拓などやることは山済みしているが、イチゴをつくれるだけでも幸せ。まず、イチゴ農業を起動に乗せ、自宅の再建まで早く進みたい」と強い決意を見せていました。

s250ichigo_20140115-3

 宮城県のイチゴは、全国第10位程度の生産高ですが、北限の大型産地、加えて、出荷サイクルが11月からと他産地との競合が少なく、将来性は非常に強いのです。また、TPPの問題から、日本の農業の根本的な見直しが行われそうな時節ですが、このイチゴ農業は、将来も確実に発展していくと見込まれています。
ぜひ、亘理・山元町の『仙台イチゴ』食べてみてください。(2014年1月15日)

2014年01月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.