食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

養殖銀ザケ・シンポジュウム

 国内最大の生産量を誇る宮城県産の養殖ギンザケの出荷シーズンを前に、その関係者が一堂に会し、養殖銀ザケに今後について語り合う『銀ざけ養殖の今後を考える』公開シンポジュウムが2月5日、石巻市の石巻グランドホテルで250人余りの生産者や販売業者、研究者などが集まり開催された。

講演する水産庁の上田企画官
講演する水産庁の上田企画官

 このシンポジュウムは、宮城県漁協を中心に、養殖銀ザケ用の餌料業者などその道のプロが参集して組織した「みやぎ銀ざけ振興協議会=船渡隆平会長」が開催したもので、春から池揚げが始まる今シーズンの養殖銀ザケを、いかに消費者に食べてもらうか、業界一致して考えていきたいとの思いが込められている。
 養殖銀ザケは、生産量の9割以上が宮城県の特産。生産地が宮城県の多くが石巻市や南三陸町で、生産者の顔が見える銀ザケ。初夏から夏にかけて、生食や刺身、焼き物用に出回るものの、絶対量が多いチリ産の輸入物や秋サケの陰に隠れ、毎年1万トンを超える生産がありながらも、やや、印象が薄かった。
 3年前に起きた東日本大震災で、出荷シーズンを1ヶ月後に控えていた三陸産の養殖銀ザケは、3月11日の大津波ですべて流失。81の経営体、269のイケスで稚魚1,400トン余りがゼロになり、集落の崩壊という最悪の事態さえ起き始めていた。
ところが、東日本大震災から復興するためには、生活の場を再生することが第一、「海がある限り、我々はサケを作り続ける」との強い思いから、被災後3ヶ月後には再開を決定、多くの生産者が2012年からの出荷を目指した。経営体は60に減少、イケスも146と半減したが、9,400トンと被災前の6割を確保、東日本大震災からの復興の足音をうかがわせた。ところが、池揚げの価格はキロ248円と被災前の425円より170円余りの安値、サケ全般の下げ相場や風評の影響を加味しても、考えられないような相場動向だった。
2013年度は、やはり60経営体、2割5分程度イケスは増え205のイケスに996トンの稚魚が入れられ生産は11,600トンまで回復、平均単価もキロ376円まで回復の気配を見せている。ただ、これでも採算割れ、宮城県の産業再生のためにも採算ラインへの上昇が待たれるところ。産業として今シーズンの動向こそが、今後を決定するといっても過言ではない。

会場には、養殖銀サケの料理が並んだ
会場には、養殖銀サケの料理が並んだ

それもあって、業界一致してシンポジュウムを開催、販売の方法や美味しい食べ方、ブランド化、コストダウンからサケ商況全体の動き把握など、東日本大震災復活のムードが残っているうちに、業界あげて『宮城産養銀ザケ』の販売に力を挙げて行こうとする息吹も感じられた。

2014年02月26日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.