食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

石巻市桃浦-新しい漁業に期待

東日本大震災からの集落再生と新しい漁業の方向を示す『桃浦かき生産者合同会社(大山勝幸社長)』の宮城県石巻市の本社加工場が完成、2月18日石巻市桃浦で竣工祝賀会がされ、同社社員や仙台水産関係者、取引先など50人余りが新しい機械が揃ったカキ加工場を見学、乾杯しその門出を祝った。

挨拶する大山勝幸社長
挨拶する大山勝幸社長

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県の牡蠣養殖業。震災以前は広島県に次ぐ生産量を誇り、生食用は高品質なカキとして、築地市場でも圧倒的な人気を誇っていた。生産量は年間4、000~5,000トン、宮城県の水産物出荷高の中でもサンマ、カツオ、マグロ、ギンザケなどに匹敵、主要な主産物として水産王国みやぎの名を高めていた。
ところが東日本大震災で壊滅的な被害を受け、船はもちろん、カキ処理場、出荷場、加工場などの施設、機材を失い再建不可能となった生産者も多かった。仕事の場だけでなく、自宅も失った生産者に家や仕事場、船、機材の新たな購入は困難が伴う。加えて高齢者も多く、被災住民は再生意欲さえ失い、家業再建は遠い夢になっていた。
そういった浜の現状にひとつの答えを出したのが宮城県。水産特区制度を導入、被災した生産者と民間会社が手を組み、漁業権を与えることで、沿岸漁業を生き返らせて、生産の場を被災した集落に再生させようとの試みだ。宮城県漁協や多くの漁業者の賛同は得られなかったが、宮城県は石巻市桃浦で生産者15人と仙台市中央卸売市場の卸売会社-仙台水産を結びつけ、生産者に販売や加工のノウハウをプラスしたうえで、新しい漁業で、被災地復活の狼煙を挙げることにした。
2012年8月、生産者と民間会社で『桃浦かき生産者合同会社(大山勝幸社長)』が発足、13年度から出荷が始まり、付加価値を付け、第6次産業化を念頭に置いて、新たなカキ事業の組立を模索していた。
そして今回、新工場の竣工。建物2億8千万円、機材関係1億2千万円を掛けて、将来を見据えた加工場を新設した。

最新機器
最新機器

加工場は1階641平方メートル。牡蠣洗浄室、牡蠣浄化室、カキ計量包装室、原料入荷冷蔵庫、製品出荷冷蔵庫、加熱加工庫、包装室、資材個、製氷室、冷蔵庫。2階220平方メートル、事務室、食品検査室、会議室兼休憩室、更衣室、サニタリー設備、トイレ。加工機器としては、殻付カキ洗浄機2台、プロトン凍結機1台、袋詰機2台、低温燻製製造機1台、電気スチームコンベクション2台、カキフライ衣付機1台を導入したほかX線異物検出器、自動計量器、真空包装機なども備えている。

最新機器を導入

なお、同日は『桃浦かき生産者合同会社』『仙台水産』のほか、ヨークベニマル、仙台北辰、仙台市中央卸売市場海産物仲卸組合など多数の取引先も来場、その新たな旅立ちに期待を寄せていた。

大山社長と握手する仙台水産・島貫文好会長
大山社長と握手する仙台水産・島貫文好会長
2014年02月25日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.