食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

第38回宮城県水産加工品品評会

 

s250宮城県水産加工品品評会_02
ずらりと並ぶ宮城県の水産加工品

宮城県下の自慢の水産加工品が一堂に会する『第38回宮城県水産加工品品評会』が、2月26日宮城県石巻市の県水産技術総合センターで開催され198点の水産加工品が覇を競った。

この品評会は、宮城県水産加工業協同組合連合会と宮城県が主催しているもので東日本大震災が発生した2011年も3月8日に第37回の品評会を実施、宮城県の水産加工品の消費拡大、普及に寄与していた。ところが3年前に大地震と大津波が発生して、県内の水産加工は壊滅的な被害を受けた。

水酸加工業者らは、自社の継続と街の復活、水産加工業の再生のため、それぞれの方法で再開を計っていたが、3年目を迎えた今期は商いも軌道に乗り始めたと判断、今回の開催となった。
出展企業はやや減少して53社だったが、出展商品は3年前より若干増加して198点集まり、水産加工品王国‐みやぎを反映して、参加企業の高い意欲が目立っていた。
会場に並べられた商品は、サンマ、サケ、サバ、カツオなど魚類加工品からカキ、ホタテ、ワカメなど養殖水産物加工品、そして笹カマや野菜揚など揚げ物、クリームチャウダーや魚のハムなど工夫を重ねた商品も目立つ。そんななか、東北大学の佐藤實教授等12人のプロが厳しい審査を行い、農水大臣賞など21点を選出した。

s250宮城県水産加工品品評会_04

なお、受賞商品は次のとおり(なお、特別賞は市販の実績のない開発品)
▽農林水産大臣賞「どらぼこ」(松島蒲鉾本舗)
▽水産庁長官賞「牡蠣の潮煮」(末永海産)「金のさんま」(斉吉商店)「紅鮭切身ロシア産筵巻き山漬け 辛口」(塩釜水産食品)
▽県知事賞 「サラダじゃこ」(海祥)「玉ねぎ坊主」(水野水産)「チーズ笹かまぼこ『蔵王』」(高政)
▽県議会議長賞「だだちゃ豆笹蒲鉾真空包装」(マルヨ鈴木商店)「石巻産アンチョビフィレ」(カピターノ)
▽県農林水産部長賞 「たこのやわらか煮」(岡清)「さんま黒酢煮」(ヤマホンベイフーズ
)▽県漁協経営管理委員会長賞「小女子佃煮100グラム」(水月堂物産)「めかぶなんばん」(横田屋本店)
▽県水産加工業協同組合連合会長賞「松島のり」(さんりくフーズ)「三陸気仙沼燻香さんま(あぶり生ハムタイプ)」(大弘水産)
▽県商工会議所連合会長賞 「さば味噌煮」(マルチュウ斉藤商店)
▽県水産物流通対策協議会長賞「ふかひれ茶碗蒸し」(石渡商店)
▽日本チェーンストア協会東北支部長賞「ほたてわさび」(マルアラ及川商店)
▽仙台市中央卸売市場卸売人協会長賞 「吉次一夜干」(カネシゲ高嶋商店)
▽県水産加工研究団体連合会長賞(特別賞)「サンマ味付け缶詰」(気仙沼向洋高)「魚醤入りトマトソース」(宮城水産高)

2014年03月05日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.