食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

山形が県ぐるみでPR さくらんぼ出回る

074
今が旬の山形のさくらんぼ

山形県産さくらんぼの出荷がピークを迎えている。露地物の摘み取りが、東根市や寒河江市で最盛期を迎え、人手が足りないほど、22日から28日が佐藤錦のピークに当たり、旬の山形は観光農園も出荷者も総出で活況を期待している。

今シーズンのさくらんぼ生産は順調な見通し。開花から結実に当たる4月、好天に恵まれ、その後も太陽が照る日も多く、色合いも含めて申し分がない。1部地区でやや粒が小さいサイズも目立つが、1昨年から規格を厳格にして、良品の集荷・販売を推進した結果、市場には高品質なさくらんぼの出回る機会が増えたといえよう。

038
今年は豊作、買い易い価格 山形のさくらんぼ

今年の生産量について、山形県は5月末、1万4,300トンと予想。これは平年より5%程度多く、このまま行けば豊作は間違いなく、前年を上回る供給も期待できそう。価格も高級な贈答品こそ高値で販売されるが、小口のパック物は買い易い相場推移、出荷のピークが23~24日と重なり、人手不足からバラ詰めに回るさくらんぼが多く、お買い得の商品がスーパーや果物店で見ることがありそう。

また、今シーズンは例年にも増して山形県のさくらんぼを販売したいという積極的な姿勢が目立っている。21日、22日の両日は、山形市で『日本一さくらんぼ祭り』が開催される。「日本一巨大な流しさくらんぼ」「日本一おいしい山形のさくらんぼ・すこだま振る舞い」「日本一さくらんぼ祭り応援大使」などさくらんぼを巡る様々なイベントが目白押し、さくらんぼクイズラリーや山形各地のご当地キャラ登場、さくらんぼスイーツコンテスト、「ふるさとバンザイ」生中継などの他、山形・秋田のご当地グルメの大集合、そしてさくらんぼの販売など名産品の即売会も計画されている。今回で3回目を迎えこの祭りは、新たな山形の名物に成りそうな勢いが感じられる。

024
さくらんぼ種とばしジャパングランプリ2014の様子

また、主産地―東根市や寒河江市では種飛ばし大会を開催。東京を始め、仙台や大阪でも予選や大会が実施され、1万人余りが毎年参加、梅雨空を吹き飛ばす楽しいイベントに育っている。

一方、贈答品を受け取る方や山形に300ヶ所余りある観光農園に行く人を除き、多くの人が「さくらんぼを食べるのは年1~2回、それもこの時期だけ」という傾向をなかなか打破できていない。山形県の吉村美栄子知事は今期も東京の大田市場でトップセールス。さくらんぼのかぶりもの被り、さくらんぼを始めとする山形の名産品をPR、大阪市場でも山形県関係者が出向き拡販に力を入れているが、『さくらんぼの美味しさ、魅力』をなかなか伝えきれない。

今期は豊作で買い易い価格での販売が主流、ぜひ、旬のさくらんぼを買って味わってみて貰いたいものだ。

2014年06月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.