食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

宮城県産生サケ 量販店に登場

東日本大震災で全滅、2011年の出荷がゼロになった宮城県産養殖銀ザケが6月下旬からいよいよ水揚げのピークを迎えるが、今シーズンは売れ行きが好調、相場もサケ全般の好値もあって高値をキープしており、生産者から流通、小売業者まで期待を持って養殖銀ザケの販売に対応している。

011
水揚げされた宮城県産養殖銀ザケ

国内産の養殖銀サケはこの10年間1万~1万5,000トンの需給体制を続けているが、その90%以上が宮城産。3年前の東日本大震災で出荷間際の養殖銀ザケのイケスが流され全滅して、11年の水揚げは前年の14,750トンが皆無となった。翌13年は生産者が269経営体から146経営体に半減、生産量も9,448トンと大幅に落ち込んだ。ところが相場は震災前の年が平均㌔425円だったのに対して㌔248円、採算割れの状態に終始した。これは震災の風評被害が大きかったが、チリ産冷凍サケが大量に輸入され、サケ全般の相場が低調に推移したのも大きく影響している。
それに対して今シーズンは、昨年水産物の価格は全般に回復基調、円安傾向も加わり、サケ類は相場高騰で動いている。そのため、宮城県産の養殖銀サケも今期は高値スタート、量販店などの販売先もスペースを設け販売に協力、県漁協や行政も拡販に力を入れ、前年までとは違った動きとなっている。
今期の養殖銀ザケは、3月24日石巻魚市場に初上場、1昨年暴落したチリギンが高騰、鮭鱒相場が価格修正されたこともあって、そのスタートも㌔1200~1100円と高値、その後の相場動向が注目されたが、6月上旬の浜値が1・5㌔アップで㌔600円を上回り、前年同期より㌔200円余り高値が続いている。

048
宮城県産養殖ギン目玉商品に進出

被災3年目宮城産の種苗池入れから判断して12,500トン程度の生産量見込み。再開後2年は浜値が低迷、生産量は12年9,600トン、13年11,600トンと量的には比較的順調に回復してきたが、生産原価を割り込み、震災補助金でどうにか養殖業の継続を守ってきた。3年目の今年、生産を継続できるか真価が問われるとき。低迷していた水産物相場が、世界的な需要像、円安もあって上方修正、冷サケ相場も急騰をたどっている。また、宮城県漁協も銀ザケ振興協議会を前年に立ち上げるなど、シンポジュウム、銀ザケ祭りや料理教室を開催して行政、生産団体など一体となって消費者へPR。仙台市内の量販店は揃って『旬の生サケ』として養殖銀サケのスペースを確保して、販売に力を入れ始め、居酒屋など業務筋でもメニューに取り入れる店が目立っている。

仙台市内のヨークベニマル、みやぎ生協が㌔198~195円、イオンがスキンレスで㌔279円、西友が175円。今期は宮城沖の水温が低く、ピークが7月上旬にずれ込むことになるが、量販店ではその時の『目玉商品』になりそうな勢いだ。

2014年06月16日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.