食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

秋保温泉に農業のアミューズメントオープン

秋保温泉への入口に新しいタイプの農産品産直施設が2日オープン、近在の方など多くの買物客が訪れ、野菜や花、スイーツなどを購入、新施設の行方を期待し見守っていた。

011
「アグリエの森」で販売されている地場の新鮮な野菜

秋保ヴィレッジと呼ばれる施設は、今回完成した「アグリエの森」のほか、秋保わくわく農園、秋保ヴィレッジガーデンのほか大型の飲食施設などが予定されており、敷地面積はおよそ5ヘクタール。無農薬野菜や有機野菜生産者、若手の生産者、花き園芸家、江戸末期からの豆腐店など50人余りの地元生産者と仙台市近郊でお茶販売を中心に飲食業、菓子販売などを展開する井ヶ田製茶(今野克二社長)が共同して、秋保地区の地域振興と秋保野菜のブランド力強化を目指して立ち上げたもの。東日本大震災以降、被災地復興には農業の6次化が切り札といわれ、若林区の仙台市農業園芸センターなども新たな構想で生まれ変わろうとしている。

「アグリエの森」は建坪がおよそ1,700平方メートル、地場の新鮮な野菜や食品がそろった美味しさいっぱいの食品館だが、農産品直売所のほか、米、豆腐、ジャム、ドレッシングなどの加工品、御菓子、健康茶などが揃っている。また、喜久水庵、千日餅工房、かすてら工房、フードコートには茶そばの『五穀豊穣』牛タン焼の『森のグリル』抹茶ジェラードの『ピクニックカフェ』の飲食部門も充実しており、地元の仙台市民だけでなく、秋保温泉への観光客へのアピール度も高い。

2014年07月04日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.