食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

気仙沼魚市場 生鮮カツオやっと参上

018
気仙沼魚市場 カツオ水揚げ風景

遅れていた生鮮カツオの水揚げが気仙沼魚市場で始まった。6月16日、沼津船籍の巻網船「第8浜平丸」が常磐沖で漁獲した生鮮カツオ26トン、漁場はやや遠いものの1・2キロ物主体に青森県八戸や愛媛船籍・合計5隻、266トンの搬入があった。相場は㌔500円余り、小型の割には待ちに待った初水揚げだけに好値で取引され、4キロ物は㌔1,200円の高値もあった。

気仙沼は前年まで17年続いて年間カツオ水揚げ日本一、今シーズンは太平洋側の水温が低く、カツオの水揚げが遅れたうえ不漁気味だったため、市場関係者の期待は大きく、待ち焦がれたなかでの巻網船入港となった。ちなみに前年の初水揚げは5月23日、従って3週間以上遅れたカツオ初揚げとなる。

歓迎式典に出席した気仙沼市の菅原茂市長は「被災以来3年、関係者一丸となって、受け入れ態勢をさらに強化していきたい」と述べ、18年連続日本一への期待と意欲を語った。今回水揚げした岸壁は、今年の5月に完成したまだ新しい施設。未だに出荷作業を魚市場内で行っている業者が多く、周辺の関連施設や加工業者の社屋・工場も盛土がやっと終わった区画が目立つ。それだけに、カツオ船の入港が東日本大震災からの気仙沼再生の力になると、魚市場関係者だけでなく市民の期待も大きい。

これから一本釣カツオ船の入船が本格化し12月まで続く見込みで、気仙沼魚市場は、サンマ、戻りカツオと活気にあふれた姿を見せることになる。

2014年07月04日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.