食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『みらい』の植物工場 高機能レタスを多賀城で販売開始

㈱みらい(嶋村茂治社長)は宮城県内で初の本格的『植物工場』を稼働、契約した飲食店やスーパーマーケット、そして中央卸売市場の卸売会社・仲卸へも販売が始まり、消費者へのアプローチが進んでいる。

みらい
LED照明で育成している様子

多賀城市のみやぎ復興パークに建設された工場はおよそ2,240平方メートル、そのうち農地部分は1,500平方メートルで元は半導体工場のクリーンルーム。天井が高く7メートルあり、そこに15段の棚が設けられ、レタスやサンチュ、ハーブなどを水耕栽培、LED照明で育成している。現在は植栽して33~40日で出荷サイズに育成、工場内部で育てられるため一度も風雨にさらされることも外気に触れることもなく、工場内のパッケージルームで包装されるため、クリーンな状態で出荷されている。また、地元中心に雇用された従業員は、クリーンルームに入る前に温水シャワーで頭髪、体を洗い、インナーと防塵服を着た後エアシャワーを浴び、汚染物質の混入リスクを抑えている。

レタス 014
販売されているレタス

同工場で生産されたレタスは、土耕栽培のレタスが40~70%捨てるのに比較して、廃棄する部分が芯のみの2~5%と少ない。また、工場野菜はβ―カロテンが標準値の約10倍、マンガンも約5倍で主要成分13種中11成分の成分濃度が濃く、機能的にも優れている。

また、同社は従来の植物工場に対して、GMとともに実証実験を重ねて、高性能のLEDを開発、蛍光灯や従来型のLEDに比べ電力消費量を40%ダウン、単位株あたりの収穫量も50%アップさせた。これにより、野菜工場としての採算性が大幅にアップ、クリーンで高機能の野菜として、従来型の野菜と十分競合できる水準に並んだ。

同社は、「植物工場・水耕栽培装置の研究開発および製造販売」、「水耕野菜の生産販売」、「植物工場の運営コンサルティング」、「モンゴルなど海外での農業開発」などを事業内容に掲げ、新しい農業経営を目指しているが、今回の『実験室段階から企業としての野菜生産』で、一層の事業拡大と定着が期待できることになる。

2014年08月06日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.