食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

出来具合は抜群 山形産のラ・フランス

山形名産としてさくらんぼと双璧の人気者『ラ・フランス』のシーズンに突入、果物店やスーパーの店頭をラ・フランスが飾っている。

008
PRイベントの様子

今シーズンは10月25日に、山形県や県ラ・フランス振興協議会、JAグループが統一開始基準日を設定、業界あげて美味しいラ・フランスを消費者に味わってもらうための思いを一致させた販売スタートの25日には、山形市のやまざわ松見店など5店でPRイベントを開催、それぞれの店で食べ頃のラ・フランスの試食やキャンペーンガール、山形県のゆるキャラ「ペロリン」のPR、食べ頃リーフレットの配布など宣伝活動を行った。

『ラ・フランス』の生産量は、全国の約8割の13,000㌧余りが山形県産の県が育ててきた名産品。ところが、収穫した後2週間余り熟成期間が必要、食べ頃の見極めが難しく、そのまま食べるよりスィーツやジュースでの人気が高い地区さえあった。

山形県では『ラ・フランス』の人気を一層高めるため、一昨年は吉村美栄子知事が乗り出して、「おいしいラ・フランス収穫感謝祭」を開催、昨年からは統一の出荷日を決めて、さくらんぼと並ぶ人気果実に育て、全国の消費者においしい時期の『ラ・フランス』食べてもらおうと今、全力を注いでいる。

2014年10月29日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.