食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『鳴瀬かき』 高品質で人気沸騰

早朝4時30分、船は東名漁港を出港、一路浜市沖のカキ漁場に向かう。10月上旬といえども海上の風は冷たく、路上の温度表示は摂氏5度を示す。
 東松島市東名地区―風光明媚な奥松島に隣接して、かつてはアサリの潮干狩りなどで名高い、静かな半農半漁の町だった。ところが2011年3月11日東日本大震災で津波の大きな被害を受けた。6~7メートルの大津波が漁港を襲い、漁船は流され、浜の建物、諸施設は全壊、かつての面影はない。桟橋、カキ処理施設が建設され、復興途中の東名岸壁から船出する。

かき養殖業の川畑善一さんも父親を今回の震災で失う。自宅も津波ですべて流され、土台が残るのみ。一時は再開の意欲さえ失ったという。だが、愛船―富士丸が近在の大塚漁港に流されているのが見つかり、息子で3代目の漁師―雄太さんもカキ漁師を続けることを快諾、親子でかき養殖業で生きることを決心した。

大津波で堤防は破壊され、地盤沈下も起きている修復中の水路、運河を通り20分余り、漁場の浜市沖に到着する。水深は15メートル、延縄式のイカダが海面に浮いている。1経営体11ヶ所、イカダ1基当たり240本、厳しく限度量が決められており、海の適正利用、管理が守られている。

002
カキ縄が巻き上げられている様子

いよいよ水揚げ、善一さんが縄を引き揚げ、雄太さんがカキ縄を巻上機に繋ぐ。海水とともにカキ縄が巻き上げられる。善一さんが籠を用意、巻上げと同時に縄からカキが離され籠に入る。カキ縄によって、シュウリ貝やホヤが着いた塊からカキのみの塊まで様々、一杯になった籠を2段に積み、縄を架ける。富士丸を少しずつ移動、クレーンで延縄の引き上げる場所を動かしながら12メートルのカキ縄の上の分だけを収穫、下は海に戻し、2~3ヶ月経って身が肥った時点で再度、水揚げをおこなうという。

086
水揚げされた籠いっぱいのカキ

水揚げの作業は段取りがすべて頭に入っていて、親子といえども無言のなかで黙々と行われる。寒さが吹っ飛び、善一さん雄太さんの顔には汗が光る。いつの間にか朝日が上がり、向かいの延縄でも船が水揚げを行っている。見れば僚船が6~7隻、明るい陽光の中でそれぞれの延縄イカダで作業を続けている。およそ1時間半、船上のカキ籠が60個余り、スペースがいっぱいになり作業は終了、善一さんが煙草を一服、雄太さんに舵取りを任せて東名漁港に戻る。

DSCF1636
カキを減菌している様子

岸壁からホークリフトでカキ籠をつり上げ、紫外線で滅菌した海水が循環している水槽に入れ、1昼夜カキを滅菌、24時間経てからカキ剥き作業に移る。
 早朝7時、早くもカキ剥きを始める人もいる。東名かき組合の青砥重喜組合長の奥さんもそのひとり、慣れた手つきで手際よく剥いている。

東名漁港に水揚げされるカキは以前から『鳴瀬かき』として名高く、人気が高い。東に北上川、西に鳴瀬川、吉田川があり、緑豊かな森林の川水が絶えず注がれている。海は暖流と寒流が交わるところで、植物性プランクトンが豊富、潤沢な酸素が溶け込んでいる。

117
カキ剥き作業の様子

『鳴瀬かき』は素晴らしい漁場環境で育てられただけではない。川畑さんのような養殖漁家が手間を掛け、美味しいカキを提供したいとの思いがカキに閉じ込められている。最初、陸に近い波の静かな第1漁場でカキの育成を行う。続いて沖の第2漁場にカキイカダを移動、豊かなプランクトンを食べさせることで身を太らせ、味を整える。その際、縄の海面に近い縄だけ収穫、その下は次の収穫時まで生育を続ける。これは海面近くに養分となるプランクトンが多いためで、このようなよいカキを育てる作業が1年中続く。その結果、『鳴瀬かき』は1年物の出荷が可能で、味と鮮度の良さが宮城県下の牡蠣愛好家の間で名高い。

2014年10月14日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.