食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『おいしい!三陸産カキ』 松島でかき祭り開かれる
5万人を超す人出でにぎわう

日本三景の景勝地―松島で1日『第37回松島復興・感謝かき祭り』が開かれ、地元仙台はもちろん東北各地や首都圏からも多くの人々が旬のカキを味わいに足を運び、松島海岸は1日中賑わっていた。

15カキ祭り松島 024 (640x480)
無料かき鍋コーナに集まる人々

第37回を数えるこの『かき祭り』は、東北の風物詩として最大級の動員力を誇るとともに冬のビックイベントとして宮城県を支える大切な行事。東日本大震災やカキの斃死にもめげず、はや40回近い歴史を重ねている。今シーズンも前々日に大雪が降り、雪が30cm余り積もったなか、関係者が総出で雪掻きし会場を確保、好天のなかの開催になり、早朝から多くのカキファンが駆け付けた。
主催者発表では5万1千5百人。松島のかきを楽しむ家族連れ、同時に開催された『ほろ酔い新酒まつり』を目的とした左党たち、無料のかき鍋や焼きがきに並ぶ人々、そして500gパック1、000円の特価のかきを買い込み知人に贈る人や炉端焼きで盛り上がる仲間など、それぞれの楽しみ方で冬晴れの会場は終始、歓声が飛び交っていた。

15カキ祭り松島 018 (800x600)
焼きがきを楽しむ人々

当日、会場の松島海岸グリーン広場でひと際人々が並んでいたのが、6、000人分の無料かき鍋コーナーと35、000人分の無料焼きがきコーナー。ともに開催前から長蛇の列が出来ていたが、炉端焼きコーナー(大人60分1人200円イス無)、有料コーナー(大人60分1人1,500円-殻付ホタテ、カキ付、炭代、イス付60分)にも始まる午前9時には順番待ちの列が出来て、待つ客で混雑していた。また、今年は山形県から芋煮鍋500食が振る舞われ大人気、地元で水揚げされた剥きガキや殻カキが1袋1,000円の特価で販売され、それにも人が集まっていた。
また、会場には宮城県の山の幸コーナーや海の幸コーナー、飲食ブースなどさまざまな楽しみ方が用意されどこも大盛況、会場隣のマリンピア松島水族館も今年中に閉館して、仙台水族館へ新たなスタートとなることから、思い出に足を延ばす親子連れも見られた。

2015年02月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.