食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

あるカキ生産者の1年の軌跡を追う①

東日本大震災から4年目、この3月末で宮城県漁協の2014年度カキ共販事業が一応終了した。それによるとむきカキの数量は、1,560トンで前年比20%増加、それに対して相場はキロ1,620円と高水準、前年より57%アップで10年振りの高値だった。被災以来、カキの商流が大幅に変化、宮城産カキへの要望も殻付出荷の増加や6次産業化の兆しなど新たな動きが感じられる。だが、一方では従来のような、カキをむいて、漁協へ出荷するカキ生産の回復ペースは鈍い。再開を断念した養殖業者も多いうえ、ノロウイルスの影響で生食出荷が難しくなり、加熱に軸を移す生産者も見られる。そんななか、前期の高水準価格を「あくまで昨年のこと」として、これからも良いカキ生産を続けようと、作業を黙々と行う人々がいる。


東名のカキ養殖業者  木村喜久雄さん

今期のカキ生産者は久々に良いシーズンを終えたと思う。もちろん、それぞれの出荷量、時期、販売方法など様々な要素が絡んでくるが、3月中旬、忙しいカキの集荷を終えて、ほっとしているのは間違いない。

ところが、木村喜久雄さんは、出荷を終えたこの時期、来シーズンにむかって『種挟み』作業で忙しい日々を送っている。

3月中旬から4月中旬にかけて、本来なら「今シーズンは良かった。相場も久々に高く。来期の準備に入る前の農家にとって農閑期と同じ。ゆっくりしたい」のが当たり前。ところが、東名のカキ養殖業者は黙々と作業を行っている。

017
種挟み作業の様子

港の前のカキ処理場の横。奥さん、息子さん、そして手伝いの女性の4人で前日、海から揚げた殻ホタテに付着したカキ種をバラバラにして、それを1枚ずつロープに挟み込んでいる。その間、殻ホタテの種の付着具合を見て、着いていないものは破棄するなど選別作業も同時に行っている。

「やはり、良いものを届けたい。カキは手間をかけるほど、良いカキを出荷することが出来る。幸いなことに、ここ東名は鳴瀬川、吉田川の河口に当たり、奥羽山脈から森の養分をたっぷり含んだ水が流れ、海水と混ざり、好環境の汽水帯を形成している。そこで、漁師が手間をかけて、大切に育てれば美味しいカキが自然に育つ」と論破、生活の全てをカキのサイクルに合わせ生活を送っている。

034
延縄へ吊るしている様子

『種挟み』作業を終えたカキは、直ちに港に運び、5分ほどの海域に、息子さんと共に延縄へ吊るす。ただ、これが出荷の延縄ではない。もう一度、漁場を変えて、吊るしなおして生育を促す。

まだ海上は寒い風が吹き抜けている。だが、海に吊るす作業を続けるうちに頬は汗ばんでくる。だが、木村さんはこの作業も辛くないという。東日本大震災後、息子さんが、このカキ養殖業の後継者となることを決意、日々自分の作業を手伝ってくれるから。大震災を乗り越え、親子、そして奥さんと共に、『高品質のカキを育てる』ことに全力を注いでいる。

2015年04月24日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.