食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

桜前線北上中ー春漁、春野菜 いよいよスタート

桜前線が急ピッチで北上、津軽海峡を越えてゴールデンウィークには日本列島の最東端―釧路まで到達して、いよいよ日本列島は桜から新緑のいちばん良い季節を迎えました。今年は、4月中旬以降は暖かい日が続き、桜の開花が5日から1週間以上早く春の訪れはどこも順調のようです。ところが3月から4月上旬は天候不順で、寒い日も多く、野菜の価格は高値で推移、春の植え付けがずれ込む産地も目立ち、その分、春野菜は高値傾向を辿っています。それに比べ、春漁はますます、全体に魚影は薄めですが、天候の良化とともに海水温が上がり、出回り増が期待できます。

市場では小女子の試食会
市場で子女子の試食会が行われている様子

宮城県の春漁は、南三陸地方のイサダとイカナゴで始まります。小型のイカナゴは、春を告げる人気の食材で、関西地区では釘煮にされて、楽しみにしている人も多いようです。それに比べると三陸地区は小女子として市場に出回りますが、全般に影が薄い存在。今シーズンは宮城県の七ケ浜で生の小女子を出荷する漁船が登場、新たな味わい方で、小女子を楽しめます。今年の漁模様は西日本が大不漁、三陸も海水温が低めで心配されましたが、宮城県は水揚げが続いています。小女子が大きく育ったイカナゴは、女川などで水揚げされますが、多くが餌料に回ります。度々、良質のイカナゴを消費者に味わっていただこうと、さまざまな挑戦を行っていますが、その度に期待を裏切られ、産地で食卓に上がる程度です。イサダも養殖魚の餌が主力。オキアミの1種ですが、鯛の色着け、釣りの撒き餌などが主な利用先。ただ、カルシウムが豊富なため、練り製品に混ぜられたりして、加工食品として利用されています。

閖上の赤貝はNo1のブランド品(仙台市中央卸売市場)
閖上の赤貝(仙台市中央卸売市場)

本来、旬は初夏ですが、ホヤの出荷も始まりました。東日本大震災から5年目に入り、順調に生産量は回復、今期は震災前の水準に戻りそうです。ただ、主な輸出先の韓国が放射能の問題で輸入不可、従って、相場が心配されていましたが、いまのところ小粒ながら好値で取引されています。それと宮城産の銀ザケもこれから盆までが旬、生産者は品質の向上を目指し、エサの与え方を工夫したり、活け締めを導入したり、品質向上をアピールしています。初夏に向け、三陸産の殻付ウニ、南三陸の伊里前川のイサザ(シロウオ)、閖上の赤貝など三陸ならではの旬の味が目白押し、仙台市中央卸売市場のカツオ入荷も増え始め、いよいよ楽しい季節が訪れます。

仙台朝市には春野菜が並ぶ
仙台朝市に春野菜が並んでいる様子

魚に対して野菜の出回りも増えてきます。小売店の店頭には『春野菜』の文字が踊ります『春キャベツ』『新タマネギ』『新ジャガ』など。まだ、産地は九州や愛知、関東近県。東北は春の訪れが遅く、春野菜はこれからが本番です。
気仙沼市の南三陸農協は1月から3月に出荷する『菜花』や『ちぢみホウレンソウ』を「春告げやさい」と命名しブランド化、広く消費者へPRしています。また、東日本大震災以降、風評のため販売を断念していた丸森町のタケノコも今シーズンから放射能検査した後、1部で販売を再開、やっとのことで春の味覚を届けることが出来るようになりました。ただ、春の山菜はまだ、宮城県下は自主規制を行っており、東北の春野菜はまだ先のようです。

2015年05月25日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.