食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

新緑のなか 田植え始まる
ホヤ・生ウニ 地元産出回る

好天のなか『青葉まつり』が終わりました。仙台を代表する11企業・団体の山鉾が市内の中心地を練り歩きました。その前週は、仙台ハーフマラソン、初夏を彩る2大イベントが過ぎて、そろそろ梅雨の気配。ところが今シーズンは、当分、初夏のまぶしい陽気が続き、紫外線を注意する日が多そうです。郊外では田植えがほぼ終わります。今シーズンは例年より1週間から10日余り早く終えた農家が多かったですが、当初から手伝いを例年通りと計画していた生産者は、ここで田植えを終えてほっとしています。

仙台さくらんぼ 021
さくらんぼ種飛ばし宮城大会の様子

5月6日、仙台市の勾当台公園で『さくらんぼ種飛ばし宮城大会』が開催された。6月14日山形県の東根市で開催される『ワールドグランプリ2015』の宮城県予選を兼ねていましたが、参加する親子連れが多く集まり、会場は大賑わい、温室物の山形産佐藤錦を受け取り、張り切って種飛ばしに挑戦していました。4日には一番町買物公園で寒河江市主催の種飛ばし大会の寒河江大会宮城予選も行われ、来月14日は東根、寒河江両市でそれぞれ全国大会が競って開催されます。

今年のサクランボの作柄は、4月上旬産地を遅霜が襲い、開花はしたもののめしべが出来ない状態だったケースもみられやや心配する地区も見られました。これからの天気が気にかかりますが、6月中旬には山形県産の佐藤錦が果物店やスーパーの店頭を飾ることになります。


宮城県のイチゴが終わります。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた亘理・山元町では1昨年、大規模なイチゴ団地を立ち上げて再生、前年から東北最大のイチゴ団地を稼働させて、地元の仙台市を始め北海道に送っています。また、気仙沼のイチゴも今シーズンから本格的に再開、石巻産や角田産とともに、小売店頭を飾りました。これからは、スイカなど夏の果実が出回ることになりそうです。

ぎんざけ祭り2015 013
第2回銀ザケまつりの様子

宮城県の春漁が本格化してきました。5月3日、勾当台公園で『第2回銀ザケまつり』が開催されました。宮城県が日本の生産量の9割以上を占める養殖ギンザケ、東日本大震災で全滅しましたが、生産者の頑張り、行政や関係者の努力により、今シーズンは被災前の水準まで戻る見込みです。品質も生食の刺身で味わえるように、「活け締め」を導入、餌も気を配って養殖されていますから、生でも焼いても、シチューでも幅広く楽しめます。旧盆までの限られたシーズンですので、ぜひ、味わっていただきたいです。


ホヤの出回りも本格化、量販店でも売られています。出回り直後の春は、小粒が多かったですが、ここに来て大きくなり、美味しさも増してきました。ぜひ、三陸の味覚―ホヤを旬の時期に味わって欲しいと思います。その他、地元・三陸の生ウニ、閖上など仙台湾の赤貝、カレイなど今が価格的にもお買い得の時期、ぜひ、味わっていただきたいと思います。

新緑号

2015年06月05日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.