食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

頑張る若き生産者 作りながら知ってもらう

美里町で野菜を作るブシャン・アケボノさん。75haの農地を目いっぱい使いキャベツ、タマネギ、ニンニクなどの栽培に余念がない。同時に、現在、育てている野菜を求める方々に販売、商いとしての農業を軌道に乗せるべく、販路や販売方法の開拓にも力を注いでいる。
 一方では、「若き女性」「新規就農者」「異国育ち」ということで、農業のイメージアップや調理の腕が父親譲りのプロのため、料理教室の講師として引っ張り出されることも度々ある。7月4日はちょうど午前中に料理教室講師、午後は新規就農希望者への農場案内が重なり、本業の農業以外に、アケボノさんの持ち味を紹介する良い機会、同行しながらアケボノさんの強みを追ってみた。

4日、午前9時30分から、大和町まほろばホールでJAあさひなフレッシュミズ会の『食のカルチャー教室』が開催された。講師はインド生まれで、父親がインドレストランを経営するブシャン・アケボノ先生。学生時代から父親のレストランで料理を手伝い、助手として野菜を切ったり、味を見たりさまざまな手伝いをしていた。

美里町ーあけぼのさん 028
『食のカルチャー教室』の様子

今回のメニューは『本場インドの夏野菜カレー』、アケボノさんが育てたタマネギ、ニンニクを使い、JAあさひなで生産したナス、トマト、ジャガイモ、ピーマンなどを用意。アケボノさんが子供の頃から親しんだ味のカレー作りに親子20人余りが挑戦した。
 「同じ量、同じ時間煮込んでも、カレーは微妙に味付けが変わります。今回作った4つの鍋、皆違う味になる。それが料理の奥深い所で、面白いところ。塩・唐辛子、ウコン、クミン、そしてガラムマサラ、メィティを加えることで、インド風で食べ慣れている家庭の味とちょっと違った風味が楽しめます」、最後に櫛切りしたピーマン、パプリカを入れ野菜カレーが完成、みんなで美味しく食べました。

みやぎ農業振興公社(高橋正道理事長)は、毎年2回みやぎの農業に参入したい意欲のある人向けに『みやぎ農業見聞のつどい』を開催、多くの若人に営農の道を紹介している。この7月4日、宮城県の大衡村、大崎市の鹿島台、美里町の3ケ所の農場を回り、農業、施設、実際の仕事を見て、就農している方から説明を受け、営農開始の手助けにしてもらおうと視察事業を実施している。

美里町ーあけぼのさん 042
新規就農希望者への農場案内の様子

4日午後、一行の20人余りが美里町中埣で75ha農地を借り受け、野菜生産を行っているブシャン・アケボノさんを訪ねた。アケボノさんは野菜生産を本格的に初めてまだ2年、異郷、女性、まだ県立農業大学校を出たばかりの若さ、新規で農業を始めるのは最悪のケースともいえる。そのなかで、住まいを探し、農地を借り受け、技術をマスター、施設を造り、軽トラックやトラクターを買い、周辺の人々と共に農業を開始した。もちろん、行政を始め、系統、周囲の同業者・住民の暖かい支援と協力があってのスタートだが、それ以上にアケボノさんの強い意志と農業に対する熱意があったことは否定できない。

美里町ーあけぼのさん 046
就農希望者に農業の楽しさを語っているアケボノさん

ハウスの前で参加者に「これはタマネギです。後ほど土産で差し上げますが、生で食べてみて下さい。とても甘いのがわかります」と説明、まず、土創りから始まったこと、毎日の作業が学習のこと、失敗してもそれが経験、めげないで続けること、あらゆる機会を通じて販売を心掛けること―などアケボノさんが実践していることを明るく語っていた。

また、農業を始める前に、トラクターの運転免許、野菜ソムリエ、管理栄養士、危険物管理者など農業を始めるにプラスとなるかもしれない資格に挑戦し取得、来るべき日のために備えていた。同時に、さまざまな機材をえるため資金準備の重要性を指摘、必要だった資金の額や受けられる補助金の額なども聞かれ、参加者はいずれも就農に前向きだった。

初夏号

2015年07月10日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.