食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

今期の鮮ガキ良質でスタート 生産者は品質に自信
 東名のカキ出荷始まる

待ちに待った宮城産カキのシーズンが到来した。10月5日初水揚げ、早朝に東松島市の東名漁港を出発、カキ棚に船を付ける。海水のなかからカキをいっぱいつけた縄を引き上げる。今年も十分な重みが感じられる。
 「ああよかった。今年もカキの出荷を無事に迎えることが出来た」これこそカキ養殖業者にとって生き甲斐、醍醐味といえよう。

2015かき 011
出荷準備 減菌の様子

2015年の宮城県産鮮カキ出荷スタートは10月6日に決まった。9月24日の会議で生産者や漁協担当者が集まり、カキの成育状況、抱卵状態、前後の天候などを考慮して10月6日、共販スタートを決定。その前日の5日、各浜はそれぞれ半年ぶりに水揚げを行い、滅菌のための海水を張った水槽に漬け込むなど出荷のための準備をおこなった。そして6日午前、いよいよカキ剥き。試験的に剥いて、おおよその身の大きさなどはわかっていたが、実際に剥いてみるとその年の育成状況が一目瞭然、ここ東名地区は終始身入りがよく、1級品といわれているが、やはり出荷のために剥いてみるとぷっくり盛り上がったカキが、この漁場の良さを語りかけてくれる。

2015かき 006
カキ剥き作業の様子

6日、早朝から各船の家族、関係者が共同かき処理場に集まり、カキ剥き作業を始める。総勢60人余り、多くが年配の女性、若い方はほとんど見ない。男性も少ない。そんななかでカネキの木村喜久雄さんはカキ養殖業を息子の幸喜さんと営むかたわらカキ剥きもこなす。
 処理場の前では若い衆が力仕事。ここは若手が目立ち、活気にあふれている。「今年の成育状況は」と尋ねると「順調に育った。この前の大雨やその前の台風で縄から落ちるカキも無く、いい状態で育っている。ただ、ホヤやムールなど小動物の付着は少な目、従って、塊はやや小振り。その分、カキそのものの成育は良好」とのこと、安心させてくれる。
 ただ、昨シーズンは広島を始め各地で、種の確保が出来ずに薄飼い状況。そのため出回りが抑えられ、相場も高水準が続いたが、今シーズンはどうなるか、翌日の入札スタートが気にかかる。

カキ初入札 005
入札の様子

6日午後4時、宮城県漁協石巻総合支所で2015年初めての入札が開始された。冷蔵庫に運び込まれた本数は920本(10㌔入)、前年の942本より若干減。石巻には、石巻支所の荻浜78本、表浜の小網倉54本、給分44本、小渕87本、石巻湾支所172本、石巻東部支所の牧浜70本、福貴浦96本、女川の針浜73本、尾浦49本などがずらり並べられている。海幸、丸ほ保原、マルキン、ウツミ、丸源など買受人が真剣な表情でカキのサイズ、鮮度、色、匂いなどを確かめる。30社余りある登録買受人のうち、初日に札を入れるのは20社余り。スタート値は往々にして高値になり、また、販売を10月下旬に予定している量販店もあって、様子を見るだけの担当者もいて、入札会場は落ち着いたもの、ただ、県や漁協関係者、マスコミなど会場に押しかけている人数は100人を上回る。

落札を前に、県漁協の丹野一雄経営委員長が「東日本大震災から4年7ヶ月、被災地の復興は進んでいるが、宮城産カキの出荷は最盛期の半分、カキ養殖業者が450人余りと半減した分減り、今シーズンも1700トン余りと前期に比べ100トン余りの増加にとどまる。良質のカキの出荷を増やし、宮城のカキの名を改めて高めていきたい」と挨拶、石巻市の亀山紘市長も「宮城ブランド、石巻ブランドを全国で高めて頂きたい」と強調した。それに対して、鮮カキ登録買受人組合の内海春寿理事長が「大切に販売していきたい」と挨拶、保原敬明副理事長が今期の活況を願って手締めを行い、落札した相場表が配られた。相場は予想通りの高水準、高値キロ3,399円、安値キロ2,593円、回し値キロ2,924円と好値スタートとなった。

2015年10月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.