食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

魚のプロは目利きのプロ 顧客に満足を 店に合った魚を選別

仙台市中央卸売市場の朝は早い。夜中の3時過ぎには、水産物の荷下ろしが始まり、従業員の掛け声がセリ場にこだまする。朝4時、そんな時刻に、阿部哲也社長は市場に入る。仲卸売場でその日の注文を再確認、お得意先の要望に合った形での魚を店まで届けるための準備を行う。そして水産セリ場を一回り、注文の魚にピッタリ合った魚が並んでいるか、どの程度の下付けならセリ落とせるか確かめ、仲卸店頭に戻り、俎板を用意する。
かつては、多くの注文主が『丸』のまま持って行ったが、最近では『3枚おろし』の注文が増えているという。

伊達商事・阿部社長 019
伊達商事 阿部社長

朝、6時過ぎセリ場に声が響き渡り、活魚や鮮魚、大物が次々セリ落とされる。そのなかから、阿部社長がお得意先の注文に応じて、セリ場で仕入れを頼んだ魚が運ばれてくる。お客様の車両にそのまま積むもの、おろして、氷を入れた箱に詰め、お客様に渡すもの、様々な鮮魚類が瞬く間に仕分け、往き先別に分けられる。仲卸売場で間に合わないもの、さらに一段階加工を加えるものは、市場の南側にある事務所兼作業所に運び、即処理し、その日の注文に合わせ配達する。

毎日が、その場その場が『勝負』、市場に搬入する魚は、その日の天候、漁模様、そして好不漁によって増減がある。お客様も、日によって忙しい日、暇な日があり、予算もさまざま、ただ、「満足して帰りたい」「帰したい」のは、客も店も同じ。そこに『納入業者』腕の差が表れる。

伊達商事・阿部社長 029
伊達商事 阿部社長

伊達商事の阿部社長は1966年の49歳、塩釜に生まれる。父親も市場関係だったことから仙台育英高校を卒業後、ごく自然に水産仲卸へ入社。遠海担当に回され、以来、市場の売り買いから、仕入、仕分、販売、配達などあらゆる業務を経験、居酒屋、料理店などへの納め業務に精通し10年を経て独立、伊達商事を起こす。販売姿勢は、得意先とはいえ強気一辺倒、キックボクシングで鍛えた体で対応する。これもお客様のことを考えるからの裏返しといえよう。

仲卸業務、納め業者は魚を知ることも重要だが、それ以上に売り先の欲しい魚を探すことが重要、店の味にあった魚を適価で売ることが大切といえる。そのためには店のお客を知るため、取引先の店を訪れることも必要。朝早い業務ながら顧客巡りも欠かさず続けている。

仙台市は「飲み屋3,000軒といわれる国分町」を抱え、1人数万円する料理から300円均一のメニューまで色とりどり。それに合わせ、店を繁盛させる納品を毎日続ける。それは市場に実力ももちろんだが、『伊達商事』のような仕事が重要となる。遠海物扱いで市場ぐらしをスタート、カツオやサンマなど鮮魚の目利きには自信があるが、同時に納め業者には冷凍も塩干も加工品にも目が行き届かなければならない。
『スジコ』『中落ち』『鯨肉』そして『キク』など幅広く、店の格に合った魚を仕入れて、納品出来る―これこそ市場のプロだ。

“鮮魚道”に生きる  (有)伊達商事 代表取締役 阿部 哲也 氏

2015年10月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.