食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

田植え始まる 前年とほぼ同時期

いよいよ田植え みんなでトラックに育苗箱を積み込む

めぐいーとの田植えが5月11日から始まった。前年が5月10日、ほぼ例年同様のスタートとなった。田植えの日のスタートから逆算、5月20日辺りを念頭に、種まきを行った。今シーズンは『種播き』に新しいシステムを導入、機械化が一層進み農機具会社の従業員が見守るなか、無事に育苗箱へ種を植え付け、それを室に移し、種を落ち着けた後、ハウスに移動、ハウスの中の育苗箱には20cm程度に伸びた苗が生えそろい、田植えの時を待っていた。準備は整った。

DSCF5744
トラックに育苗箱を積み込む様子

11日、8時本部へ三々五々とメンバーが集まった。ハウスに移り、武田恵喜社長代表以下、10人余りが手際よく、トラックに青々と育った稲が植わった育苗箱を積み込む。同時に、肥料なども積み込み、数チームに分かれ田圃に向かう。
 45号を横切り、前日までに耕し、水を張った田圃へ。めぐいーとの田圃は、5人が田圃を持ち寄りスタートしただけに、離れた場所の田圃も多い。また、米作を続けられなくなった生産者から委託を受けたケースもあり、正確な場所がわからず、隣の生産者の田圃へ行ってしまうことも。土井芳伸副社長が来て、田圃を確認、田植えに移る。
 ここの田圃では、田植機の運転を土井副社長が担当。みんなで育苗箱から田植機に苗を移し、肥料入れて、田植えがいよいよスタート。


 手入れされた田圃 田植機が手際良く苗を植えていく

使う田植機は8条、要するに、一度に8列植えてしまう。1haの田圃を、機能的に使うために2haに整理、端は最後に植えるため、端を残して往復して植えていく。途中、苗が足りなくなると、小型トラックを移動させ、苗を積み込む。
それを数回繰り返し、最後に残った端に、苗を植え、この田圃の田植えは終了。本日は、他のメンバーと合わせて20ha余りを夕刻までに終えたいとのこと、今年は順調にスタートを切れた。

DSCF5778
田植えの様子
DSCF5812
田植えの様子
2016年05月19日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.