食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

耕春 歓びを紡ぐ 5年目の春-営農を本格再開

立ち上がる6人の生産者 大震災もTPPも 追い風に変えよう

東日本大震災から5年目の春-いよいよ宮城県東松島市矢本の農業法人『めぐいーと(武田恵喜代表取締役社長)』は忙しい季節を迎えた。
 未曽有の大震災で、本部のある東松島市矢本沼南の農地は2メートル余りの大津波被害を受けた。一帯には流された車がまるで岩の塊のように転がり、手を掛け、稲を植え、大切に育んできた田圃はガレキで埋まり、農業再開はとても不可能にさえ思えた。だが、被災から2年目の25年11月、志を同じくする生産者6人が、同じ方向で新たな農業を起こすことで一致、『めぐいーと』を起こし、米作を中心に高度で多様な農業を進め、営農で生きること決め、1歩を踏み出した。


 中心は米作り おいしいコメを 消費者に届ける

営農の柱-水田の米作りは、いよいよ「種入」の時期。4月25日、代表の武田恵喜さんは、仲間とともに本部の播種施設の中にいた。稲作の大元は、良い苗作りから始まるといっても過言ではない。

種が入り、土を薄くかぶせる
種を入れた後、土を薄くかぶせている様子

被災を機に、新たな播種機械を導入し、作業を大幅に合理化・高度化した。ただ、まだ慣れていないこともあって、機械メーカーの担当者も駆け付け、作業を見守っている。1ミリ程度の芽がでた種を1日で、5,500余枚長方形のトレーに植える。これを3日余り続け、今シーズンの水田用の苗は確保できるという。 
 種・土・容器が規則的にラインで集約、それを温度・湿度が管理された室に入れ、その後、ハウスに移し育てる。これを5月中旬、大型田植機で水田に移し替える。

乾田に種を播く❶
乾田に種を播いている様子

種入の時期に合わせるように、乾田直播方式で、飼料用のササニシキの田植えが始まった。本部の北型の1ha余りの広さ。45号線の直ぐ脇の広い田圃で、大型種播機がうなりを挙げる。この機械は優れもの、田を耕し、種を植え、土をかける。その後を、別の大型のトラクターが土を抑え、種を安定させる。広い田圃を、2台、2人で行っている。乾田の稲作は約30ha、全体の3分の1余り、決して少ない収穫量ではない。
 「作業が遅れているから、今日は終わるまで行う」と若い生産者。どんなに機械化が進もうが、農の大元は『天候』、そのあたりは若い戦力もわきまえている。


 ミニトマトにイタリア野菜 新たな農業にも挑戦

米作のスタートに合わせるように、さまざまな作業が行われている。4月下旬、航空自衛隊松島基地に接した麦畑で土井芳伸副社長がラジコンヘリコプターを操縦、防除作業に精を出していた。1機1,500万円する大型の防除ヘリを自由に駆使、自社の田畑だけでなく受託作業も多く、熟練している。

スティッキオ
スティッキオ

また、もうひとりの菅原一郎副社長は4月から本格化した野菜の出荷に力を入れる。いま、栽培しているのは『やっくんミニトマト』『トマトベリー』の小型トマトとイタリア野菜『スティッキオ』。イタリア野菜の『スティッキオ』はまだ珍しい野菜だが、日本で誕生したイタリア野菜でフェンネルを日本で改良、鱗茎部分が肥大せずスリムで、かすかに苦みがあるすっきりした味わい。首都圏を中心に出荷しているが、もっと地元や仙台でも販売したいという。このほど矢本にオープンした直売所「Harappa(はらっぱ)」でも販売したいという。その他、細ネギの生産者から委託で中間栽培を請け負ったり、さまざまな農業に挑戦している。

ミニトマトトベリートマト
やっくんミニトマトとトマトベリー
ハウス内は緑でいっぱい
トマトの苗
2016年05月12日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.