食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

今が旬 ブルーベリー 宮城県各地で

富谷町の25農家 ブルーベリーで町おこし サミットでも太鼓判

今年も宮城県の各地で『ブルーベリー』のおいしいシーズンが始まっている。

DSCF6490
出荷式の様子

この秋、待望の市に昇格、いま注目度が高まっている富谷町で7月2日、若生裕俊町長も参加してブルーベリーのユーパック出荷式が開催された。今回の出荷式は30回目、全国的に見ても30回も回を重ねているのは珍しく、着実に知名度は上がっている。同町では、生食用の出荷、摘み取り体験とともに、スイーツ用の利用にも人気が高まっている。町内の11店が31種の工夫したブルーベリースイーツを販売、揃ってフェアを開催し旬の美味しさを競っている。
 これを支えるのが25軒のブルーベリー農家、今シーズンも1軒の農家が新たにブルーベリー作りに挑戦、新たな名産創りに挑んでいる。

蔵王には全国有数の規模 ブルーベリー三昧

宮城県には全国最大規模のブルーベリー農園がある。蔵王山麓の遠刈田温泉郷にある『蔵王ブルーベリーファーム』は4万坪の敷地に2万本、60種の品種がブルーの結晶を実らせて、来園者を待っている。
 開園から12年、蔵王の緑に溶け込み、園内ではさまざまなブルーベリーの摘み取りが出来るほか、スイーツやソフトクリーム、ジャムなど加工品も多くが勢揃い、改めてブルーベリーの美味しさを感じさせてくれる楽しいスポット。温泉へのアクセスも便利で家族で楽しめる。

新しい名産へ 「ブルーベリーハウス気仙沼」オープン

今シーズンは気仙沼にも『ブルーベリーハウス気仙沼』がオープン、石巻市の飯野にも『赤間ブルーベリー園』が開園して、美味しさを宮城県の各所で楽しめるようになってきている。
 また、鳴子温泉でも9軒の農家がブルーベリー摘み取り園を開いており、同地区のブルーベリーは仙台市内のデパートでも楽しめる。

DSCF6467
DSCF6455
2016年07月29日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.