食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

カキ いよいよ食べ頃へ

小売店店頭に宮城産カキ出揃う 生食用・加熱用いろいろ

身入りの悪さから10日間余り水揚げを遅らせた『宮城産鮮カキ』は、ここにきて小売店店頭に一斉に出揃い、寒さの到来も手伝って、いよいよ本格的なカキシーズンの訪れとなった。

053
カキ試食会の様子

東北最大の量販店―ヨークベニマルの店頭には、宮城特区の桃浦合同会社の「生食用カキ」120グラムが398円、150グラムは500円、300グラム容器も1、000円。南三陸の及新ブランドが90グラム298円。加熱用はグラム298円で販売している。また、みやぎ生協は、カネキ吉田の100グラム入りが398円、桃浦合同の150グラムが580円、加熱用は広島物を販売。また、藤崎や三越などデパートで出店している北辰は桃浦合同の200グラムを950円で販売している。

仙台市中央卸売市場では、10月11日、仙都魚類がセリ場で小売店主や市場関係者向けにカキ試食会を開催して商戦突入を盛り上げた。

10月中旬以降、仙台市でも朝は一桁の気温の日が出始め、これからは暮れにむかって昼間の気温も引き締まり、いよいよカキの旬は本番を迎える。

広島産は潤沢 宮城産も安定供給 一転、買い易い相場へ

高値の浜値スタートで、今シーズンの販売価格の動向が注目された宮城産鮮カキは、実際の販売が始まるのに合わせ浜値も沈静化、買いやすく売りやすい水準まで下がり、扱い筋はほっとしている。それに対して、生産者は台風被害もあって水揚げ量が減少、相場の上昇を願っているが、今シーズンは広島物の大量生産も伝わっており、当分は模様眺めの供給・販売で売場を作っていくことになりそう。
 ただ、水産物なかでも鮮魚類は価格の高水準化が目立っており、生産を継続する面からも安値推移は辛い。加えて、宮城産カキは業務向けの殻付需要もあって、それなりの販売先が見込まれることから、最需要期に向かって強気姿勢も見られている。

dscf7151
鳴瀬カキ
dscf7189
鳴瀬カキ
2016年10月26日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.