食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

市場まつり

買物客でにぎわう仙台市中央卸売市場 市場まつりを満喫

%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a-002
市場まつりの様子

仙台市民に生鮮食料品を供給する『仙台市中央卸売市場』が開設55周年を迎えるのを記念して、10月23日午前10時から若林区卸町の仙台市中央卸売市場で「市場まつり」を開催。水産物や青果、花卉、食肉の即売会が実施され、多くの市民や親子連れ、若い夫婦などが仙台ネギやミカン、バナナやマグロ、生ウニ、カニなど様々な買物を楽しんだ。また、焼サンマや焼ホタテの試食、野菜や花の模擬セリ、フラワーアレンジメント教室などを体験、仙台フィルコンサートや七十七銀行の和太鼓演奏など様々な催しも行われた。

仙台市中央卸売市場の市場まつりは5年に1回開催、前回は東日本大震災のあった年の10月23日、「市民を元気付けよう」と復興の真っただ中に行われた。

仙台圏は、秋10月様々な収穫祭が行われる。旬のサンマも、閖上のサンマ焼きイベントを皮切りに、泉中央、コボスタ、女川や気仙沼でも実施。区役所や勾当台公園でも収穫の祭りや新米試食会が開かれ、各地で旬の楽しみを味わうことが出来る。
そのなかで、仙台の市場は、日々の食品を安定して扱う場所、従って消費者にとって必要な所ながらなかなか理解できず遠いところともいえる。
 普段、プロ以外出入りしにくい市場に、この日は堂々車を乗り付け、市価の3割余りの安値で購入でき、様々な食品を試食、味わうことが出来る。今回は、地下鉄東西線が開通、卸町駅から会場に無料シャトルバスも運行し、気楽に出かけられるようになっていた。

開設55周年記念 野菜・魚・食肉が並ぶ 消費者に安心供給

午前10時、奥村恵美子仙台市長の「仙台市中央卸売市場は市民に安心・安全の生鮮食料品の供給を続けてきた。東日本大震災の時も、それを乗り越え継続して提供してきた」と挨拶、鈴木文史朗市場まつり実行委員長(仙都魚類社長)の開会宣言で祭りがスタートした。サンマやホタテの試食、いも煮や蒲鉾、バナナ、キウイなど試食、野菜や花卉の模擬セリ、マグロやカニの特売など生鮮食品や関連食材の試食や安売りなどのほか、子供たちのダンスパフォーマンス、仙台フィルや和太鼓演奏、消防車との記念撮影など盛りだくさんの催しが行われ、ゆったりと市場を楽しんでいた。

%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a-036
模擬セリの様子

%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a-059
市場まつりの様子
2016年10月26日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.