食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『蔵王大根狩り』 畑の中に歓声

小型サイズも親子で楽しむ

宮城県蔵王町の蔵王高原七日原の『蔵王高原大根狩り』が11月19日・20日の2日間、遠刈田温泉からすぐ近くの大根畑で開かれ、午前中から親子連れなど多くの消費者が駆けつけ、小型ながら立派に葉の茂った大根を選びながら引き抜いていた。

019
蔵王高原大根狩りの様子

蔵王高原の七日原地区では5~6軒余りの農家が、30年以上前から大根を生産。それに伴い、仙台圏の消費者や遠刈田温泉に来たお客様に楽しみながら大根を引き抜き、持って帰ってもらおうと『蔵王大根狩り』を開催、生産者と消費者が大根を通して交流してきた。

ところが、第30回になる昨年、9月の豪雨で撒いた大根の種を流失、開催を断念した残念な思い出がある。今シーズンも8月の豪雨で撒いたばかりの種が流されたが、2年続いての中止はイベントそのものが忘れ去られる恐れもあり、人手・予算・手間など2度手間だが、やり直しを決意、困難ななか再度、場合によっては再再度植え直しを行い、大根の生産に立ち向かった。
 ところが、その後の天候も高原は涼しく、天候不順な日も多く、結局、11月下旬になっても成長は例年の半分サイズ。本来これでは、市場に出せないが、それを理由に中止すれば『大根狩り』を待っている消費者には残念な思いが残るだけ。それで、「サイズは小さいが、その分多い」ということで、大根狩りを実施することにした。
 当日は、例年1袋15本余り入るものが、今年は40本も詰め込むことが可能。大きい大根を選びながら、参加した消費者は大きいサイズを選び、子供らも大根抜きに挑戦、懸命に袋に入れていた。

001
大根狩りの様子
017
大根狩りの様子

 

この秋、野菜は高値 大根も入荷少ない 9~10月前年を4~60%up

この秋は、野菜が高値で推移しており、全国ネットのニュースでも度々取り上げられるほど。
夏から秋にかけて台風が日本に3度も上陸。大雪には対応が慣れている北海道も大雨に弱く、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなどに大きな被害が出た。その結果、根菜類だけでなく総ての野菜類が高値に張り付き、秋はメニューに苦労する主婦も多かった。
 大根もご多分に漏れず、仙台市中央卸売市場の今年9月の大根入荷量は941トンで前年比87%、価格は前年比123%、10月は937トンで前年比84%、価格は前年比160%と高値推移となった。年末には遅れていた秋植えの野菜類の出荷も始まり、やや下げ気味の相場が期待できるが、これも天候次第の面が大きそう。

2016年11月25日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.