食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『仙臺鍋まつり』『おでんまつり』 勾当台公園で開催

dscf7396
仙臺鍋まつりの様子

雪の便りが聞かれ始め、街を木枯らしが吹き抜けるようになった11月8日(火)、9日(水)の両日、青葉区の勾当台公園市民広場で『第10回仙臺鍋まつり・おでんまつり』が開催され、寒さが感じられるなかほかほかの鍋やおでんが市民の胃袋を温めていた。
 今回で10回目を数える『仙臺鍋まつり』は、仙台圏の14市町村が参加、各地の自慢の農産物や水産物を独自の手法で美味しい鍋に変身させ、訪れた消費者にその美味しさを誇るとともに、人気を競った。
 前年は、名取の『名取せり鍋』がグランプリを獲得、大和町の『七ッ森舞茸鹿狩り鍋』、富谷市の『十三夜吟醸鍋』が準グランプリ、いずれも前年の入賞から今期も長い列ができていたが、今回は七ヶ浜町の『ボッケ鍋』がグランプリの栄冠を獲得、9日は圧倒的に長い列で人を集めていた。

また同会場で『おでんまつり』も同時開催。さつまげ、ちくわ、笹かま、大根、昆布の5品が入って1杯200円、あったかいおでんを楽しみながら味わっていた。会場には塩釜産のさつまげ、揚げ物、ささかまなど3パックを500円で販売するコーナーも設けられ、客足が絶えることのないほどの大人気、レースに並べられた塩釜の名産品が次々に買われていた。

2016年11月14日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.