食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

ざおうハーブ

蔵王山麓、緑深き里で香り高きハーブを育てる

『温泉とスキーと樹氷』で東北を代表する観光地―蔵王。夏、その山麓には緑が幾重にも広がる。東北自動車道路が南から北へ突き切るなか、田んぼの一角に「ざおうハーブ・わいわいハウス」がある。初夏の日差しを受けたハウス内には堆肥のみで強く育てられた香り豊かなハーブがたくましく育っている。

チャービルとイタリアンパセリ
チャービルとイタリアンパセリを育てているハウス

(株)ざおうハーブは平間拓也・平間徹也兄弟がローズマリー、タイム、バジル、ディル、パクチーなど様々なハーブを育て、訪れた愛好家や飲食店経営者などへ販売している。最近では、ホームページを見た幅広い愛好者やネット販売も充実、さらに客層を広げている。宮城県と山形県の県境・蔵王の『平間兄弟』はハーブ業界でも、もう名を知られた存在。ハーブ業界は広いようでいて狭い。蔵王山麓にハーブとその苗、ハーブティー、ハーブパウダー、パック製品など様々な形の加工製品を用意、平間拓也・平間徹也兄弟と兄弟をこの道に導いた先達の父・久義氏で開拓した4ヶ所のハウス群、10ヶ所の畑から旬にマッチした、強い香りを全国に出荷している。
 同時に、農場近くのわいわいハウスにはテーブルとイスが備えられていて、自慢のハーブティーを味わいながら、訪れた顧客とさまざまなハーブ談義を楽しむ姿も珍しくない。また、初夏には一面にカモミールの花がほころびるハーブ畑で『カモミールまつり』を開催、食卓を豊かに彩り、レストランの味を一段高めるハーブと高原のなかで楽しみながら接する出会いを設け、多くの顧客とハーブとの接点を創ってくれている。

オリジナルハーブティー
オリジナルハーブティー
フレッシュハーブ
フレッシュハーブ チャービル

 

父の拓いた農地で苗を育み、ハーブを販売する兄

「ざおうハーブ」のお得意様は多い。だが、平間拓也・平間徹也兄弟が父この農場を任されてまだ10年ほど、兄38歳、弟35歳の働き盛りだ。お得意先はレストランからハーブ専門店、根っからのハーブ愛好家から初めてハーブを楽しむ方々まで様々、蔵王ハーブの便りをおくる人、ざおうハーブが開催する『カモミールまつり』に訪れる方々はおよそ700軒にあるという。

平間拓也代表
平間拓也代表

その顧客ひとりひとりに、新鮮で良質のハーブを育て、苗から生、乾燥、パウダーまで販売する38歳の平間拓也代表には『ハーブ』のプロといった風格は感じられない。どこの農村にもいる頼もしい兄ちゃんといった雰囲気。だが、ハーブに対する知識は半端でない。この蔵王で子供時代を過ごし、田んぼの中の道を4キロ歩いて小学校に通ったという。蔵王山麓の緑に囲まれているという絶好の環境下で育ち、園芸学の最高峰―千葉大学園芸学部を卒業、学問的な裏付けと父親からの厳しい指導、そして持ち前のやる気が揃い、最強のハーブ人間が出来上がった。ところが、平間拓也代表には狭いハウスのなかで小まめに苗を育てる園芸家のようなひ弱さはない。農に憧れ、農に生きる平間拓也代表は「ハーブ卸として、得意先に合ったハーブを創るより、環境に恵まれたこの蔵王で農業者として、土地に合った、香りの強い、緑豊かなハーブを育てていきたい。そのなかから、求めるハーブをお客様に選んで頂き、それを楽しんでもらう。そのためには、お客様にもこの環境、このハーブ、ざおうハーブを理解していただき、ともに道を歩んでいきたい」と語る。
 

サッカー・ラジオに熱い弟はスペインに農業視察へ

平間徹也総務
平間徹也総務

ざおうハーブの総務・平間徹也氏は3歳違いの弟、サッカーを愛する好漢だ。生産者として土に接していたい兄・拓也とともにざおうハーブを支える。同時に、二男で若い徹也総務はあふれる情熱を隠そうともしない。農家の後継者でもあり、若い農家で組織する団体の一員としてスペインで農業研修。多忙ななか、ラジオFM78・9で毎週番組を持っており、若い主張を繰り広げている。だが、平間兄弟の目指すところは、ただひとつ。土に根付いた香りの豊かな「ざおうハーブ」を多くの消費者に使ってい頂くこと。生のハーブにしろ、苗にしろ、ハーブパウダーにしろ、「ざおうハーブ」らしさを感じさせるハーブを楽しんでいただけるプロのファンから初めて利用する人々まで、幅広く愛好して頂きたいと、販路の開拓から情報提供、イベント開催まで、それこそハーブに取り憑かれるほど夢中な日々を過ごしている。

2017年07月25日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.