食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

ツール・ド・東北2017

東日本大震災からの復興への支援と新たな東北との交流を旗印に始まった『ツール・ド・東北』も、2017年の今年で5回目を迎える。全国各地から、秋の南三陸路を銀輪で駆け抜けようと参加するライダーは、年々増加傾向を辿り今期は4、000人余り。街で生活に自転車を使っている長距離初心者からプロ級まで、技術や体力はさまざまだが、『ツール・ド・東北2017』に対する思いは「秋の南三陸路を走り貫きたい」で一致、9月16日、17日の土・日両日、気仙沼市、南三陸町、石巻市、女川町、矢本町、東松島市で7コースが
開催される。

2013年、東日本大震災で大きな被害を受けた南三陸地域の支援し、その復興の手助けしたいとの思いから始まった『ツール・ド・東北』も今年で5回目。初回の参加者は1,316人だったが、年々参加者も増え、今期は4000人余りが『ツール・ド・東北』を楽しんだ。昨シーズンから期日も2日間と充実。コースは16日が2コース、牡鹿半島チャレンジクループライドは石巻スタートの100㌔メートル、走行管理ライダーのガイドに従ってグループで走破する。コース上の休憩ポイントでは、被災地域の「いま」について『語り部』から話を聞けるポイントも設けられ、炭火焼の笹かまぼこやクジラ弁当など郷土の味を楽しむことが出来る。奥松島グループライド&ハイキングは70㌔メートル。このコースは風光明媚な奥松島を走行管理ライダーに従って走るライド。途中の休憩ポイントでは自転車を降りて松島大観の大高森をハイキング、旧野蒜駅では震災復興伝承館の見学も盛り込まれている新しいタイプのコースとなっている。なお、体力に自信のある人や連日ライドの経験者は16日のグループライドと17日の各フォンドへの両日の参加も可能とのこと。
 
 17日は5コース。気仙沼フォンドは最長の210㌔メートル。石巻をスタート、女川駅前のエイドステーション(AS)で女川汁(サンマのつみれ汁)を味わいながら、新北上大橋で復路と合流、気仙沼に北上する。帰路の大谷海岸ASではホタテ炊き込みご飯と磯のりみそ汁が用意されている。南三陸フォンドは170㌔メートルを走破する健脚向けのコース。神割崎ASでは南三陸かあちゃんむすび、歌津ASでは南三陸カレーが用意されている。南三陸カレーは「ほや」が入ったカレー、これこそ三陸でしか味わえない一皿といえる。北上フォンドは100㌔メートル、女川・雄勝フォンドは65㌔メートル、ともに女川AS、雄勝ASを経由して三陸リアス海岸の風景を楽しめる。気仙沼ワンウェイフォンドは100キロメートル、気仙沼スタートの唯一のコースでゴールは他のファンド同様、石巻専修大構内となっている。
 5回目を数える今大会も、前年までの反省や参加者の要望、被災地の変貌などを織り込み、毎年少しずつ変化し、進歩している。

南三陸シーフードカレー
神割崎エイドステーションの様子
326
南三陸カレー

 
 今回は、気仙沼ワンウェイフォンドに同行、取材を行う。前日、気仙沼プラザホテル前のスタート地点で登録、天候が気に掛かる。それでもテントが準備され、続々と自転車が到着している。関係者やボランテアも顔を見せ、テントを張り準備に余念がない。準備万端ながら、心配事がひとつ。台風18号の到来、太平洋上で進路を大幅に変え、日本列島を縦断する気配で『ツール・ド・東北』に影響が出そう。そんななかで、大会2日目を迎えた。

309
気仙沼ワンウェイフォンド スタート地点の様子

17日早朝、気仙沼プラザホテル前のスタート地点はまだ好天。続々とライダーが表れ、自転車の点検を受け、スタートを待つ。ただ、事前に主催者から台風の影響でコース縮小が伝えられている。主催者を代表して河北新報社の一力雅彦社長が挨拶、社長もライダー姿で、台風の影響で10キロメートル短縮された『気仙沼ワンウェイフォンド』90キロメートルを走る意欲を見せている。スタート地点1列目には、ヤクルトの古田敦也元監督もやる気満々で登場、周囲の人より首一つ大きい。前年は、ケネデイ駐日大使、小野寺五典代議士なども参加したが、大使は帰任、小野寺氏も現職の防衛大臣として忙しい日々を送るなど、東日本大震災も年毎に遠のいているが、参加者は今年もまた、新たな気持ちでスタートラインに立っている。

午前5時30分、菅沼真澄気仙沼副市長の号砲でスタート、天候は薄曇り、風は微風で今のところ自転車日和。1列20人、17組が5分置きに、ゴールに向かってスタートを切った。スタート地点には、「河北新報」の旗を持った地元の人々や参加者の知己などが応援に駆け付け、ゴールに入る前に雨風の強まらないことを祈ってくれているようだ。

321
ふかひれスープ

スタートから3時間半、52キロメートル地点のホテル観洋ASで自転車の到着を待つ。気仙沼名産の「ふかひれスープ」、ソフトドリンクもライダーの姿を待っている。ホテル前には、『ホテル観洋』の法被を羽織った女将や従業員も立っている。地元のおばさんも旗を振り迎えている。
最初のライダーが到着、暫く時間を置いて、次々にライダーが現れ一服。心の籠ったふかひれスープ味わい、ソフトドリンクを飲みながら目前の志津川湾の養殖施設を眺め、忙中の閑、残りの40キロ余りに思いを馳せる。次々、ライダーが到着、同時に次々と次のASに向かってライダーはペタルを踏んで行く。
 左手に青い太平洋、きつい坂道も多い。ひとつを越えるとまた、次の峠道、今日の『ツール・ド・東北』をみんな認知しているのか、追い抜く車、すれ違う車は思いのほか少ない。上位のライダー、強いライダーが走り抜けるなか、自転車と苦闘している初心者も参加しているようだが、真剣にゴール目指してペタルを踏んでいる。沿道の東日本大震災の遺構は思いのほか少なく、廃墟となった建物はほとんど後を消している。ただ、志津川や歌津の街の痕跡は、新たな建設工事が佳境に入っているからか、かって痛ましいともいえる。

ツールド東北 120
大川小学校跡地

ゴールまであと20キロメートル余り、北上ASを過ぎたところで新北上大橋を渡る。そこを少し入ると語り継がれる東日本大震災の悲劇『大川小学校跡地』がある。ゆったりと流れる北上川と沿うような緑の山、その間に大川小学校の跡地が悲しみをひとり背負ったような姿を見せる。生徒74人、教職員10人、その命が一瞬のうちに失われた無念の地。その余りの悲しさに語る言葉がない。ただ、忘れないこと、機会あるごとに思い出すこと祈ること、参加者ひとりひとりこの思いを強く誓ったと思う。

ゴール―石巻専修大学の周遊道路に到着、いよいよゴールはすぐそこ。左に折れて、正門を入ると『ツール・ド・東北』のゴールゲートが参加者ひとりひとりを待ってくれている。今期は台風18号の影響でコースを縮小したり、イベントを短縮したり大会事務局の苦労も一際大変だった。降り始めた雨のため、大会後のイベントも参加せずに会場を後にした人も多かったと思う。でも、これも思い出、楽しかった5回大会と次回の参加を約束して、多くのライダーがゴールの石巻を後にした。
 

エイドステーションのご紹介

蔵内エイドステーション
蔵内エイドステーションの様子

スタートから28kmの
「蔵内エイドステーション」
自転車での取材をしていまして、タイヤの空気が足りなく、坂道がどうにもこうにも。
走行管理のお二人に助けて頂きました。
お礼して約束しました。
ホームページ載せておきますね。
 

北上エイドステーション
北上エイドステーションの様子

 77km地点「北上エイドステーション」
コース最後のエイドステーションです。
とってもチャーミングなお出迎えでした。
元気がでます。

2017年09月27日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.