食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

おさかな普及協会 料理教室

2月16日 午前11時 仙台市ガス局 ショールーム「ガスサロン」にて 仙台市中央卸売市場「おさかな普及協会」が主催する料理教室を取材しました。

講師は仙台市中央卸売市場の仙都魚類株式会社の菅野清人さん。
お魚のことについては市場で一番知識があり、とっても美味しいお魚料理を知っています。
お手伝いには「お魚普及協会」の清水さんとショールームスタッフのお二人。
当日ご参加のお客様は18名とでとても和やかな3時間あまりの料理教室でした。

391
395
408
387

 
 当日のメニューは旬の食材「ほっき飯」「塩鮭を使った粕汁」「白菜のサッと漬け」の3品。
特にほっき貝は冬から春にかけてとても美味しい旬の食材。
北海道産の大きなほっき貝を使っての調理です。
ほっき貝の寿命はなんと30年だそうです。 当日のほっき貝は約8年物。

397
401

 
 18名の生徒の方々は全員女性。
貝を殻から取り出し、調理するのは初めてという生徒さんが殆どで、皆さんほっき貝の調理に興味深く楽しそうに挑戦されていました。
現在は生のお魚や魚介類を一尾ごと調理する主婦のかたが少なくなっており、お魚料理の調理方法を伝え、日常の食生活にその知識を取り入れて、お魚料理の振興に繋げることも「お魚普及協会」の大切な役割。

料理教室を開催したキッチンは仙台市ガス局のショールーム内のキッチンで、器具は全てガスコンロで行える最新の設備でとっても綺麗な施設です。
ガスコンロには自動でガスの加熱~停止ができる機能があり、ヤカンでお湯を沸かすとお知らせと自動でガスがストップします。
また、ガスで炊いたご飯はこれがとっても美味しいんです。
技術の進歩には驚きです。
(私も最後に完成した「ほっき飯」のフルコースをご馳走になりました。)

この料理教室は常に食材の旬を意識したメニューを提案。
旬の食材を使った料理の伝承や食材の特徴を肌で教えてくれます。
参加費は一人1,000円でこのような体験ができるそうです。

436
448
447
400
434
428
405
2018年02月27日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.