食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

ツール・ド・東北2019

2019ツール・ド・東北が9月15日に開催されました。
今年も走行管理ライダーとして参加。
コースは仙台 河北新報社をスタートとして石巻専修大学を目指しての65km。
DSCN1475

被災地閖上の海を望んで
DSCN1480

走行管理ライダーの仲間たち
FB_IMG_1568556179115

太平洋沿岸の荒浜地区は甚大な被害を受けました。
位置する荒浜小学校は震災当初91人の児童が通っていました。
DSCN1485

震災前の当時の荒浜の街並み。DSCN1497

嵩上げ道路の整備や新たな街造りが現在も続いています。
DSCN1499

荒浜小学校で語り部さんの話しを聞く。
DSCN1502

荒浜小学校エイドステーションで水分補給。
DSCN1503

若者ボランティアにお迎え頂く。
「みんな元気です」
DSCN1506

塩釜港から船で移動。浦戸諸島をのぞみ奥松島へと。
DSCN1509

塩釜港より乗船の様子。DSCN1514

奥松島エイドステーションで名物の海苔うどんをご馳走になりました。
FB_IMG_1568556205718

野蒜駅にて語り部さんの話しを聞く。
DSCN1517
DSCN1518

2019ツール・ド・東北のゴール写真、感動し過ぎて撮り忘れました。
写真は私の愛車(ボロい)です。
DSCN1258

2019年09月24日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.