食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

消費者と生産者  酒を通して思いを繋ぐ 若き伝道師 
(株)むとう屋 専務取締役 佐々木憲作さん

東日本大震災から早や3年10ヶ月、大きな被害を受けた宮城県沿岸部も時の流れとともに、確実に立ち直って来ている。早いか、遅いか―それぞれ失ったもの、得たものの大きさにより、さまざまな思いが交錯するが、ここ松島町も津波の被害から復興、観光客の足も復調の兆しを見せ、街には活気が戻って来ている。

「もちろん松島も東日本大震災で大きな被害がありました。この店舗も津波が押し寄せ、店内はメチャメチャ。松島海岸は沖に大小の島々が点在、湾口が南向きのためか、周辺地区に比べ津波は小さめで1~2メートル。ところが酒瓶は割れ、商品はすべて破棄、店内はヘドロに覆われました。でも、酒店は酒を販売してこそ酒店、蔵元から酒を仕入れ、求める方に酒を販売する、ここにこそ酒店の存在意義がある。これを念頭に、早期再開に全力を傾けました。多くの蔵元、関係者の支援、協力があって6月10日のむとう屋の日に再開、営業を始めました。東北の蔵元は、蔵が全壊した所もあり、大なり小なり被害を受けました。なおさら武藤酒店が販売することが彼らの助けになり、宮城の復興の基になると信じたからです」

030
(株)むとう屋 専務取締役 佐々木憲作さん

むとう屋の佐々木憲作専務は1979年生まれのまだ30代半ばの若さ。だが、生まれも育ちも松島で、子供の頃から松島海岸で遊び、観光客のなかで自然に育った。

「特に家業を継ごうと思ったことはありませんでした。日本酒が好きだし、自然にこうなった。卒業後、サラリーマンも経験していますよ。弊社の社長が『松島の吟風』を産み出し、私もそれに惚れて、この酒の良さを、多くの人に素直に伝えたいと思った。白身魚に合うということで誕生したこの酒は、香りは華やかなものの控えめ。切れ味抜群で、遊び心にあふれている。毎日飲む酒ではないが、心のリセットにはもってこいの酒といえると思う」

若いとき酒が飲めなかったという。仕事で毎日向き合っていれば当然飲めるようになるという。

041
蕨の植え付けの集いの様子

「酒は、食べ物を美味しく食べるための食中酒がベスト。ぜひ、三陸の魚や野菜、肉を味わいながら、宮城の酒を楽しんでほしい。松島はカキが有名ですが、最近では料理人が美味しい穴子を推奨するようになった。ハゼも旨いし、白身もおいしい。仙台には仙台牛や牛タン、笹かまもある。松島、仙台に来て、地場の魚、肉、野菜を味わい、そこで、地酒を楽しんでいただきたい」と強調する。

『蕎麦を楽しみながら地酒を飲む集い』や『田植えの会』、『稲刈りと餅つきの集い』、『蕨の植え付けの集い』などさまざまな催しを企画、松島町や地元農協、漁師などとともに酒だけでなく、松島の風土を酒とともに楽しむ雰囲気を大切にしている。

いま、佐々木専務は働き盛り、むとう屋から目を離せない。

2015年02月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.