食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

梅雨の合間に 大豆を播く 空模様と相談

東松島から再生 めぐいーと農場で大豆の種蒔き始まる

DSCF6495
大豆の種蒔きの様子

7月中旬、梅雨の合間の薄日が差す日に大豆の種蒔きを行う。例年より数日の遅れ、1週間前から準備万端、雨の上がる時を待っていたが、天候が回復した12日やっと種まきを始めることが出来た。

大型の耕運機が耕した後の農地を、種まき機がうなりながら種を播く。機械化が進み、畑地で作業する人は大幅に減ったが、上手に育てるには人間の判断が左右する。同時に、機械のメンテナンスも重要な仕事、農地で泥まみれになった機械を洗い、耕すのに使用したトラクターを種蒔用仕様に変える。今年の大豆は、タンレイ12ha、タチナガハ22ha。味噌や豆腐用に使う豆だ。


大豆の種播き横で 太陽光発電の工事が始まる

DSCF6520
大豆の種播きの横で、太陽光発電の工事を行っている様子

大豆は日本人には昔から利用されてきた。五穀といわれ、日本人の生活の直ぐ横にある。調味料の基本である、味噌・醤油の原料であり、サラダ油など植物性油の材料にもなる。日本人の食卓に欠かせない豆腐も原料も大豆、現代でも利用頻度は高い。
 だが、一方では農地が減少している。ここ東松島町でも大豆を播いている横の畑地が太陽光発電施設に転換、トラクターが動く隣で、ソーラーパネル設置の工事が行われていた。

日本での大豆消費はおよそ500万トン。米が779万トン(平成24年度)、なことから見ると、非常に膨大な量ともいえる。だが、そのうち国内の生産量は20万トン程度95%が北米などからの輸入に頼っている。平成27年度は、国内生産量は24万トン、消費は精油原料が420万トン、食用が105万トン、豆腐は49万トン、味噌醤油17万トン、納豆13万トン、煮豆・惣菜3万トン、国内産大豆は油用には用いられていない。

2016年07月22日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.