食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

さんさん商店街と南三陸まちづくり未来

2011年3月の大震災。
 翌年2月にさんさん商店街がオープンします。瓦礫の山からの復興の第一歩、30ほどの商店が賛同してできたのが「さんさん商店街」でした。「さんさん商店街」を立ち上げたばかりの頃は当初の想定を超えたお客様がいらっしゃったそうです。商品の目玉は「きらきら丼」。海産物が主体になり、にぎわいを取り戻すことができました。

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%b3%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b8%89%e6%b5%a6%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%90%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%932
右から「南三陸まちづくり未来」「マルセン食品」の三浦社長と食報道絆通信のめぐみちゃん

震災前からの取組みで、地元商店会、商工会、行政と街をあげての活動を行ってきました。それから1年を過ぎて「㈱南三陸まちづくり未来」が設立され三浦社長が代表取締役を務めます。
その役割は、同じく被災した隣県岩手の商店街や志津川町長を中心に商店会、水産振興組合などとの力を合わせた復興の橋渡しでもあります。今後は「どうしたら、また、あの賑わいの志津川を取り戻せるか」。どうしたらこの街にお客様を集めることができるかで皆で力を合わせ、現在進行中です。
 街の復興はこれから集団から個人へと形を変え、個人の住宅や商店の高台移転や、工場やお店の建築がテーマになります。その費用は日々、それぞれの肩に重くのしかかってきます。
 復興はまだまだ道半ばです。


マルセン食品・・・・・震災から5年の道のりについて

25_p7121329
マルセン食品 笹かまぼこ製造の様子

2011年3月。 会社は津波により工場・事務所の全てを失いました。その年4月、三浦社長は社員に「マルセン食品復興計画」の説明をし、一時全員解雇という形を選択しました。あるものは関東方面へ、あるものは漁業に従事して生活を支えるため、会社は縮小せざるを得ませんでした。震災後は主に仮設住宅へむけての移動販売・買い物支援を本業として再スタートしました。移動販売を開始したのはその年の7月15日です。
 マルセン食品の事業は揚げかまぼこや笹かまぼこなどの加工品の製造・販売です。多品目で需要のある商品を注文分新鮮な状態でお客様にお届けするのが信条で、決して大量生産ではない商いです。
 現在、会社は新しい工場を建設中。新工場は12月20日から稼働する予定です。今までと同じく多品目でより多くのお客様の需要に合わせた製造・販売を目指します。


「街の復興イベント」

月に一度行われる復興祭。震災前から行われているイベントです。元々は、地元に向けた、生活用品や水産物などの販売を目的とした町の活性化イベントでした。特に、夏まつりや年末の水産物の販売が大きな行事となりました。現在では県外より復興イベントとして来客する方々、地元に向けた水産物、農産物、日用品の特売などのイベントと2面化しています。
 三浦社長は「これからは若手中心にもっと外部からのお客様の呼び込みを進めていきたい」。震災前の志津川町は「それぞれが自分の仕事を・・・・」でしたが、震災後は町民の団結力が増し、毎日の生活や商い、イベントと相互に協力し合って行動するようになったそうです。個人の商売より町全体が良くなるように、皆が安心して前向きに暮らせるようにとの思いが強くなったようです。

30_p4070851
震災当時の石巻
26_p7121347
さんさん商店街
2016年10月05日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.