食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『復興いちご 出荷ピークへ』 亘理・山元産 出荷増加し品質向上へ

 宮城県南の亘理・山元管内のいちごの出回りがピークを迎えている。両地区のイチゴは11月から6月までのおよそ半年が出荷シーズン、ただ、年内はクリスマス需要に追われ、生食用での出回りは限られる。従って、年明け後に出荷が増加するものの、冬場は町に雪も多く、まだ北国では『こたつにミカン』のイメージが強く、イチゴがフルシーズンの販売になりながらも、思いのほか消費は伸びなかった。

 いよいよ桜が咲くシーズン、街を歩く人々もコートを脱ぎ、買い物客も増え始める。デパートやスーパーの店頭も春模様、果物売場やデザートもイチゴが目につくようになる。

DSCN8424
仙台いちご

 復興2年目を迎える『仙台いちご』もいよいよ販売本番。昨シーズン、2,130トン、22億円の実績をあげた亘理・山元管内のイチゴ生産は、これから販売のピークを迎えることになる。今シーズンの生産予想は2,600トン、そのうち主産地の北海道へ1,600トンの販売、宮城県内には700トンと前年の5割程度多くを見込んでいる。

 2011年3月11日、宮城県県南のイチゴ産地は大津波を受け全滅の大惨事に襲われた。実に、イチゴ畑の95%以上が流され、ハウスは壊され、住居を失った。それにもかかわらず、イチゴ生産農家は「イチゴ創りしか農業復興はない」と判断。国や県町、系統や仲間、多くのボランテアの支援・協力を受けて、2014年度からイチゴ生産を本格的に再開、出荷を再開した。

2015亘理いちご 033
仙台いちご 出荷準備の様子

 ハウス、水耕栽培、高床式、水道水利用など、従来の生産様式から転換した生産者も多かったものの、初年度の2014年は順調な出荷、販売を行うことが出来た。今シーズンも生育は順調、各生産者は半年で5回程度の摘み取りを計画しているが、半期を過ぎ、今までのところスムーズな生産・販売を続けている。

 これから消費が上を向く時期、宮城県内の量販店店頭は、主産地―栃木や福岡のイチゴも目立つが、これからは宮城県産の『とちおとめ』『もういっこ』が目立ち始める。ぜひ、その美味しさを改めて味わっていただきたい。

2015年04月09日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.