食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

仙台いちご 新しい販売に期待

s250イチゴ最盛期へ_01

亘理町、山元町のいちご団地のスタートは東日本大震災で被災した農家の再生・復活であると同時に、新しい農業への挑戦でもある。
200億円余りを投入、最新のハウス、栽培施設、水や空気、気温もコンピュターで管理して、次の時代を見据えた生産体制を整え、TPP導入にも生き残っていける戦略だ。そうすれば、当然新しい形での販売戦略も必要、第6次産業化の具現化ともいえる。

たとえば、2月11日に山元いちご園に「ベリー・ベリー・ラボ」がオープン。これは約30,000平方メートルの敷地内にいちごを使ったカレーやパフェ、ケーキを提供するカフェや農園で収穫したいちごを使ったジャムなどを販売、いちご栽培やジャム作りを体験したり、研修するスペースも設けられている。この経営は、東日本大震災で被災した農業法人が経営、いちごのよる町の復興も目指している。
また、山元町の農業法人「一苺一笑(いちごいちえ)」では、収穫した摘み立ていちごを注文日当日に届けるサービスを開始した。宮城県内に限られるが、宮城県が開発した「もういっこ」を午前中に収穫、選果して、11時に宅配業者が集荷、午後3時以降に配送するという。
海外への輸出も念頭に置いている。センコン物流は、韓国・仁川空港経由でロシアへの輸出をトライアル、高品質と美味しさ、安全を武器にロシアの消費者へ販売を計画している。

s250イチゴ最盛期へ_03
s250イチゴ最盛期へ_宮城イチゴ即売会_05

雪の残る2月22日(金)、仙台市内で抜群の歩行者の行き来を誇る一番町藤崎デパート前で『仙台いちご』の販売試食会が行われ、多くの市民が早春の味を楽しんだ。

s250イチゴ最盛期へ_宮城イチゴ即売会_04

『仙台いちご』は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けたが、行政や全国のイチゴ生産者、ボランテアなどの支援、協力があり、2013年秋、亘理町、山元町に大規模なイチゴ団地を造成、出荷を再開して、2013年のクリスマスには、仙台市や北海道、東京などに亘理・山元産いちごを送ることが出来た。

s250イチゴ最盛期へ_宮城イチゴ即売会_06

新生『仙台いちご』は、従来型のイチゴ生産システムから一歩進め、全天候型のハウス、高床式で水耕栽培を導入しており、コストはやや増すものの高品質、安全安心のイチゴを作ることが出来る。
イチゴ出荷の最盛期を迎えた今、新生『仙台いちご』を多くの仙台市民に食べて頂きたいと、市民の多く通る藤崎デパート前で、JAみやぎや仙台市中央卸売市場卸売会社―仙印の関係者などが揃いのハッピ姿で「もういっこ」と「とちのか」860ケースを市価の2割余り安値で販売、200ケースを試食してもらい、消費者に改めてイチゴの美味しさをPRしていた。
また、2013年度のいちご団地の生産見通しは2,600トンと被災前の出荷のおよそ6割。栃木県を始め全国的に高品質の生食用イチゴの生産が増えているなかで、新たな販売先や需要層の開拓が必要、今後はその努力も求められている。

2014年03月03日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.