食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

寒風沢島かき養殖

 東北の1月は、冬の味覚が出揃っています。東北はもともと寒いときに美味しい物が目白押し、海産物でもタラ、サケ、カキなどそのまま頂いても、鍋物にしても美味しい。なかでもカキは、数量こそ広島物にトップの座を譲りますが、味では抜群。震災前までは三陸の生食用カキ出荷が、全国のカキ商戦のスタート。その動向がシーズンのカキ商況、相場をリードしたものです。ところが、2011年3月11日の東日本大震災、宮城県の沿岸部を巨大津波が襲い、漁港からカキ施設、自宅、そして集落まで壊滅的な被害をもたらしました。みなさまもご承知の通り、宮城県の津波被害者は9,527人、行方不明者1,394人(2014年1月現在)、宮城県漁協関係者も180人余りの死者、行方不明者が出ております。

s160-DSCN8411

 それにもかかわらず、宮城の漁業者は、海で生きることを選択、高齢者や体の不自由な殻を除き多くの方が、再度、漁業を選択して、行政や関係団体、多くのボランテアの支援、協力で漁業を再開し始めました。カキの2012年度の出荷量は、宮城県で1,300トン余り。前年が4,000トンですから3割程度、これを良くがんばったというのはやさしいですが、全壊した自宅やカキ処理場を片付け、流された船を探し出したり、再建したりして漁業を再開、漁場を整備して、出荷にこぎつけた事は、都会で生活する者には理解できないほどの苦労があったと思います。

s160-sabusawa1

 石巻市渡波の宮城県漁協石巻支所ももちろん、すべてが破壊されました。ですが、地元組合員をはじめ、行政、漁協、企業、ボランテアの支援と協力があって再開、2013年10月も例年に比べ2週間程度遅れましたが、無事スタートを切りました。今シーズンの宮城県のカキは夏の猛暑の影響もあって出荷時期が遅れ気味。宮城県漁協の共販も祝儀相場もなく、静かなスタートを切りました。ただ、仙台市内の量販店,スーパーマーケットは、東日本大震災以来、宮城県産カキから広島県や北海道、岡山県、兵庫県へのシフトが始まり、宮城県カキの出番が少なくなりそれが残念でなりません。
 今シーズン、初めて塩釜市浦戸諸島・寒沢島へカキ養殖漁業を見に行ってきました。浦戸諸島は、塩釜港からほんの1時間の距離にある大小230余りの島々。東日本大震災で大きな被害を受けましたが、島民団結して島の復興に力を入れています。その端の島、船で行くと最後の島が寒風沢島です。桟橋は東日本大震災津波で破壊され、昨年秋やっと浮桟橋が造られ、島の出入りも不自由がなくなりました。ところが桟橋前は何もなし。ガレキこそ片付けられましたが、新たなスタートを物語るものは何もありません。唯一、カキの処理場が2013年7月に建てられ、高台の小学校跡に建てられた仮設住宅とともに島の復興への意地を感じさせます。

s160-sabusawa2

 寒沢島は、浦戸諸島の島々のなかでただ1ヶ所、米作が行われている島です。被災後もボランテアが来島、米作再開に力を入れ、島民も意地を見せ、酒米から復興への道筋を探っています。
 そこで、ひっそりと昔からカキの生産が行われています。寒風沢島で2軒、野々島に2軒。計4軒が松島の最西端の外洋で丁寧に、ゆったりとカキを震災の大きな被害にも挫けずに『寒沢カキ』を育て、出荷しているのです。生産量が少ないため、自分たちのブランド『寒風沢カキ』で販売するのはごく少量、知っている方用だけ。多くは、他の宮城県産と一緒に浜の入札に回ってしまっています。養殖業者は「昔からカキを作り続けています。私の代でやっと少し美味しいと自慢できるカキが作れるようになりました。海の力を知り、潮の流れがわかるには、やはり年月も必要、最近ではカキの良し悪し、美味しいさも自然とわかるようになってきました。焦ってはだめ、ゆったりと育てなければ美味しいカキはできません」と、美味しいカキ作りに自信の程をうかがわせている。
ことしも、正月明けからカキの出荷、手入れに、寒風のなか早朝から海へ船を出しています。(2014年1月16日)

s160-sabusawa3
2014年01月16日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.