食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

第26回森は海の恋人植樹祭・水車まつり

カキやホタテの養殖業者、山で生計を立てている人々、都市で生活する住民の三者が揃って植樹する「森は海の恋人植樹祭・水車まつり」が6月1日、岩手県一関市の矢越山ひこばえの森で全国各地から1400人余りが集まり開催された。

DSCF0454
植木の贈呈

北は北海道から南は九州まで、フィリピンやニュージーランドなど海外からの出席もあって会場はお祭り騒ぎ。毎年この会場で会い、言葉を交わす人も多く、ミズキ、ヤマザクラなど広葉樹1500本余りを矢越山に植樹した。この運動は4半世紀を迎え、今回が26回目の開催、東日本大震災の年も多くの賛同者の支援を受け、困難ななか継続し実施して、多くの市民レベルで支えられている。
好天に恵まれた今年は、開会式会場をひこばえの森交流センターの水車小屋前に移しスタート、会場を埋め尽くすほどの親子連れや若い仲間、職場の同僚などが植木を持ち込んだり、手弁当で植樹祭に参加した。

DSCF0517
パトリック・ルイ・ヴィトンと畠山重篤会長が植樹している様子

冒頭、山の三浦幹夫代表の「おかげさまで、矢越山には樹木が根付いてきました。今年は緩やかなところに場所を植樹に用意しました」と挨拶、海側を代表して牡蠣の森を慕う会の畠山重篤会長が「先日、ハバロフスクでロシアの学生と植樹をしてきました。また、本日はルイヴィトン創業家5代目のパトリック・ルイ・ヴィトンがゲストとして植樹に参加してくれています。同氏には東日本大震災の復興に多大な協力を頂きました」と紹介、京都大学の田中克名誉教授が「この植樹会は2回目、4半世紀を終え、新たな運動に移りました」と述べ、この運動が世界各地で評価されていることを披露した。
会場には一関市の勝部修市長、気仙沼市の大江真弘副市長も出席、県境を越え流域の協力でこの運動が続いていってほしいとエールを贈った。続いて、フィリピンからの参加者が海や山に対しての同様な思いを紹介、各参加者から様々な苗木が主催者に贈られ、いよいよ山に登り、植樹が始まった。

DSCF0469
矢越山ひこばえの森での植樹の様子

好天に恵まれたなか、参加者は開会式場から40分余り登った矢越山会場で植樹、親子連れや職場での同僚がハイキングを兼ねて参加する楽しげな会話があちこちで聞かれていた。

その後、4月に竣工した舞根・海森里研究所で交流会を開催、東日本大震災で全滅しながら回復したカキを味わったり、この1年のそれぞれの活動や植樹に対する思いなどを語り合い、親交を温めた。

DSCF0547
舞根・海森里研究所での交流会の様子
2014年06月03日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.