食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『宮城産養殖銀ザケ』 刺身用に品質向上 本格出回りは4月下旬から

047_2
水揚げの様子

国内産養殖銀ザケの水揚げが3月下旬から宮城県内で始まった。女川魚市場と水揚げ量を競う石巻魚市場では、3月18日初水揚げ。女川町の尾浦港で水揚げしたピチピチの養殖銀ザケ3.7トン、3,100尾余りが上場、入札されたが昨年人気が上昇相場も好値で推移したことから、今シーズンも注目が集まり、キロ821~805円と高水準で取引がスタートした。また、女川魚市場では27日、志津川魚市場では4月1日から、上場が始まり、8月中旬までの半年間、『国産生銀ザケ』が食卓を飾ることになる。

 今年の宮城県内の養殖銀ザケ生産は稚魚の池入れが1,116トン(前年1,096トン)。経営者数は59経営体(前年60経営体)、生簀数213(前年211)でほぼ前年並みの水準を維持。ただ、前年に比べ2週間ぐらい早めのスタートとなっており、好相場での販売・消費が期待できる。

041
水揚げの様子

 
 また、今シーズンは生産者の間で高品質化への努力が進んでいる。多くの生産者が生産量の3割を活け〆での出荷に挑戦、野〆物との差別化を図っている。加えて、加水餌料から無加水餌料での養殖への転換も進んでおり、各飼料メーカーとも輸入ミールの値上げから一段と餌料の品質や効率アップを進めており、刺身向け需要の増加に期待が集まっている。

 養殖銀ザケは国内生産量の95%以上が宮城県内の生産。歴史は昭和51年2トン生産されたのがスタートで、年毎に増加して、昭和62年には260を超える経営者が880生簀で生産するまでに増加、10,000トン余りの養殖銀ザケが生産され、相場もキロ800円余りの相場で宮城を代表する水産物まで育っていた。ところが平成に入り世界の鮭鱒生産が南半球にシフト。なかでもチリの生産が大幅に増加、円高傾向もあって、鮭鱒の輸入量が大幅に増え、その分、国産の養殖銀ザケの生産量は平成4年の22,299トンをピークに減少、相場も低迷をたどり始めた。そして、平成23年3月11日、東日本大震災が発生、水揚げ間際の養殖銀ザケ15,000トン余りがすべて全滅、生簀が流され、沿岸の作業小屋や機材などもすべて流された。

 ところが、南三陸の養殖銀ザケ業者は銀ザケによる復興を諦めなかった。ゼロになりながらも、「われわれは銀ザケ養殖しか地元を復興できる手段はない」と判断、即、養殖再開に動き、翌24年度は60経営者、9,500トンの生産を復活させた。ところが相場はキロ248円とかってないほどの安値、風評被害や輸入鮭鱒の安値相場に押され、まともな出番を創れないほどだった。

054
水揚げされた養殖銀ザケ

 だが、生産者は諦めてはいない。平成25年度は11600トン、キロ376円平成26年度は11,900トン、544円と相場は回復基調を見せ始めている。そのうえ生産者の品質向上努力や県漁協や関係者の販売・広報活動が奏功し、世界的な鮭鱒市況とも絡みながら、明るい兆しが感じられる。

 宮城県仙台市ではこの5月、みやぎ銀ザケ振興協議会が『第3回銀さけ祭り』を開催、大々的に銀ザケの美味しさをPRするとともに啓蒙のイベントを実施して、幅広く消費者に呼びかけるという。30万トンの需給といわれる日本の鮭鱒、
国産で美味しく、安全な『宮城産養殖銀ザケ』は、まだまだ多くの人に味わってもらいたい食材といえよう。

2015年04月09日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.