食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

『三陸沖調査捕鯨』いよいよ始まる 昨年より2週間早くスタート

今シーズンの三陸沖調査捕鯨が4月10日から始まった。第51純友丸(千葉船籍)など4隻の小型捕鯨船が宮城県の鮎川港から出港、半径50マイルの海域で51頭のミンククジラを捕獲、その胃のなかの餌などを調査、また、放射能検査なども行う。期間は5月19日まで。前年は海況が悪くて51頭の枠を設けながら、30頭に終わり枠の達成が出来なかったが、今シーズンは早めにスタート、必要頭数の捕獲を期している。

地域での調査捕鯨は、「春の三陸」「秋の北海道」の2海域でそれぞれ1回合わせて年2回実施しているが、国際世論の反捕鯨の高まりもあって昨年から60頭を51頭に減少、昨年の春はそれも捕獲できず30頭で終えることになった。また、南極海での調査捕鯨も2014年4月、オランダのハーグの国際司法裁判所で「日本の調査捕鯨が科学的な調査とは認められない」との判断を示した。その結果、前年の南極海調査捕鯨は目視のみで終えることになってしまった。

三陸での調査捕鯨がスタートする10日、石巻市鮎川で100人余りが参加して出港式が行われ、地域捕鯨推進協会の下道吉一代表理事が「調査があってこそ沿岸捕鯨の実施が再現できる。枠の51頭を達成するため頑張りたい」と挨拶、4隻の捕鯨船が出航したが、初日は天候が悪く中止となった。

そして12日、最初の1頭を捕獲、直ちに鮎川港に運ばれ、鮎川捕鯨で解体、胃の中の調査などを行った。最初のミンククジラは鮎川港の西南40㌔の海域で捕獲、体長8メートル、体重4・1トンの雌、大型だが出産後と思われ脂の乗りは良くなかった。胃の中の検査ではツノナシオキアミやイサダを確認、餌料の調査を行ったのち、副産物は各地に送られることになる。

008
調査捕鯨副産物の販売の様子

 仙台市中央卸売市場では、14日今期最初の調査捕鯨副産物の販売が行われた。初日に捕獲された大型のメス、仙台水産、仙都魚類合わせて250キロ余り。当日は、火曜日のうえ、雨模様の市、加えて千葉から混獲物のミンククジラの搬入もあり、相場はキロ3,500~1,800円、前年のスタートが5,000円だったことからみると安値スタートとなった。また、14日は石巻魚市場にも340キロが搬入、キロ3500~2000円で取引された。



031
調査捕鯨副産物の販売の様子



 南三陸地域は昔から鯨肉の消費が盛んな地区。盆暮れには調査捕鯨の冷凍鯨肉の配布などが続いており、地域に食習慣が残っている。また、石巻魚市場の市場まつりなどでも鯨は人気の食材、地域の調査捕鯨がこれからも継続することを願っている。

2015年04月24日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.