食 報道 絆通信記者の視点から東北の農業、水産業を見つめます。

『ご挨拶』

非営利活動法人食報道絆通信代表の熱海和司です。
2011年3月の大震災より私たちが今するべきこと。
長年、食材やその流通に携わっている私たちに出来ることは何かと考えて参りました。そして、被災した生産者の方々の今を伝え、復興する姿を少しでも広く詳しく伝えることを続けて参りました。
震災から6年を過ぎ、津波により倒壊した工場、市場、漁港、農業施設、商店街などが場所を移し再建され、新たに道路、堤防と被災地は姿を変え、復興が進んできていることはテレビや新聞で伝えられています。
しかしながら、三陸の特産品「ホヤ」や「カキ」、福島相馬地区の「ヒラメ」や「カレイ」、豊かな大地で育った東北の農産物が、現在、原発事故の影響、風評被害に悩んでいる状況が続いております。
震災前には多くの人が従事し、集まっていた場所はいまだに復興が進んでいるとは言えません。

そんななかで、ひとつ良いニュースがありました。仙石線の全面開通です。
食報道絆通信は宮城の被災地の復興を自転車の力で後押しするイベント、「ツールド東北」に3回参加しています。
そのテーマに「応援してたら、応援されていた。」と言う言葉が使われています。

私たちは更に深く被災地生産者を主に、最新の形で産地より直接、情報と商品を消費者の皆さまへお届けしたいと考え、「新産地直送システム」を開設、新たなスタートを致します。
それには皆さまのお力添えが必要です。 我々は今後も被災地生産者の方々を応援して参ります。
何卒皆さまには我々の活動を応援して頂きたくお願いいたします。
2017年11月2日

新着記事

ツール・ド・東北2018

DSCN1228
石巻/奥松島グループライド スタートの様子

9月15日、16日の2日間、宮城県石巻市、気仙沼市、仙台市からスタートするツールド東北が開催されました。
 今年は台湾と日本との交流もあり、台湾の自転車メーカー「ジャイアント」の最高顧問、羅祥安氏も参加、女川~雄勝を走るコース65kmを走られました。

食報道絆通信として今年はプレスとしてではなく、一般参加者により距離を縮めて走行管理ライダーとしての参加をしました。

初日、石巻から奥松島をグループで70.2kmを走ってきました。
 

 震災で津波に遭い全壊した駅(旧仙石線 野蒜駅)で語り部さんのお話を伺いました。

DSCN1246

DSCN1243
奥松島大高森でのエイドステーション「ご当地サラダ海苔うどん」
DSCN1239
奥松島大高森でのエイドステーション「いちごときなこのジェラート」

 

 大高森ではハイキングで山頂から被災した湾を望み、語り部さんの当時と今のお話しを頂戴しました。

DSCN1231
大高森山頂で語り部さんのお話し
DSCN1237
大高森山頂でグループでの記念撮影

 

 16日2日目は石巻専修大学スタートで女川/雄勝フォンドを走行管理ライダーとして一般参加ライダーの伴走をしてきました。

DSCN1260
走行管理ライダーの仲間たち
DSCN1264
雄勝エイドステーション「新鮮な焼きホタテ」

 

 2日間に渡り開催された今回で第6回目のツールド東北は雨の予報を裏切り天候に恵まれ、無事に大きな事故もなく終了しました。沿道では地元の方々の大きな応援で大会は盛り上がりを見せ、総勢3000人を超える一大イベントとして今年も成功しました。

大会は10年を目途に終了するようなコメントもあり、個人的にはとても残念な気持ちですが、今後は我々地元の人間も積極的に運営に参加していかなければならない使命感も必要になってきたかなと感じて2018年特定非営利活動法人食報道絆通信のツールド東北のご報告と致します。

大会を運営された関係者の皆様、ご指導いただいた方々、毎年暖かく応援をしてくださる皆様に感謝です。

2018年09月20日
Copyright(c) 2013-2017 NPO法人 食報道絆通信 All Rights Reserved.